川村隆の名言・格言|最終意思決定権を委任する

このエントリーをはてなブックマークに追加

従来、最終的な決定は本体の社長にゆだねることができたが、システム社(疑似的に分社化した事業部門)では自分が最終意思決定者であり、ラストマンとして決断し判断しなければならない。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業研修では、社外の講師が語るからこそ高い価値があるものもありますし、逆に社内の人が教えるからこそ効果的なものもあります。

頑張らなくてはという自覚とともに、それをやることが自分の喜びになるところまで持っていくことが重要です。嫌々やっている人と喜んでやっている人では当然、仕事の成果は違いますよね。

中小企業こそ、テクノロジーの導入でイノベーションを起こせる。

経営者に大事なことは、仕事をエンジョイしていることだ。努力して、工夫して、改良・改革して技術や製品をよくしていく。あるいは、ビジネスモデルを変えていくことが楽しくて仕方ない、という思いを持つことだ。

良いリーダーは判断を下す際の弱点を熟知しており、常に修正している。

顧客のことを思えば、会社にどんな設備があって、何ができるのかわからなかったら、相談のしようがない。眼鏡以外の航空宇宙部品や半導体、医療用機器などのメーカーは、軽くて強くて、錆びないチタンの加工技術を求めているはずだ。

我が道を行く、志の持てるような教育をしなければいけません。

自分が信じること、自分が確実だと思ったことを話す方が、自信もあるわけですから、話すうえで力が入りますし、説得力も出ます。相手にも自ずとそれが伝わります。営業活動をするうえで、このことは実に重要なことだと私は考えています。

投資手段は、人によって合う、合わないがありますから、いくら本を読み込んで、特徴をつかんでいたとしても、実際にやってみなければ、どんな投資が自分に向いているかはわかりません。少額から試してみてはいかがでしょうか。株でも投資信託でも、ネット銀行やネット証券を使えば、数千円程度から始められます。

米国留学で得た大きな収穫のひとつは、10のうち8の力を準備に使うくらいの覚悟がないと、交渉の席についてもらえないということを学んだことです。そのころのアメリカでは、アジア人は常に身分証明書を5種類携帯することが義務付けられていました。ひとつでも足りないと両替もしてくれず、どんなに頼み込んでも絶対に首を縦に振ってくれません。アメリカというのは万事がこの調子でした。

ページの先頭へ