川村隆の名言・格言|経営責任を明確化することで、社内の意識を変える

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立本体には電力、水、情報などの事業が並列に並ぶ。従来は「寄らば大樹」で、ある事業の収益が悪くても大きな財布の中でカバーされ、いわば「どんぶり勘定」の面があった。これを根本的に変えるため、各事業部門を疑似会社化し「○○システム社」と呼んで、独立企業のように経営に責任を持たせた。各システム社の社長は機関投資家やメディアを集めて説明会を開き、売上目標や事業方針を公約しなければならない。業績に応じて格付けも行い、格付けが高ければ、本体から受ける事業資金の融資も金利面で優遇されるようにした。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他社は赤字になってからビジネスを転換しますが、そこへ行く前、これはもう危ないと思ったときに新しいビジネスに経営資源を移していくと、他社より早く転換できます。リストラで社員のクビも切らなくていいし、工場の生産も余っている工場をすぐに埋めることができます。

マウンドに立ってからでないと、どういう球を投げるかわからない。

日本の学校は、上の人に言われたことを100%上手にこなす人間をつくる教育です。アメリカに追いつき追い越せの時代はそれでよかったのでしょう。でも、僕はこれからは独創性の時代になると思った。このまま学校にいると自分という素材がダメになる気がして、行かなくなりました。

おそらく快楽は、苦痛の半分の印象も我々に与えない。

業績が好調なうちに設備投資に力を入れることで商品価値を上げることに注力しています。

最近すごく感じているのが、チャンスを与えてあげるんだけど、与えすぎちゃうのもいけないのかなと。『マネーの虎』というテレビ番組の中で僕はしょっちゅう駄目そうな奴に金を出してあげているんです。それは「こいつが一気に勝ち組になったらいいな」と思って出しちゃうんだけど、みんな駄目なんですよ。金って逆に人間を駄目にしゃうのかな。

アイデアを思いついたら、どのような形でもいいから、人に見てもらうことが大事だ。「もう少し磨いてから」と出し惜しみする人もいるが、1週間座禅を組んで考えたところで中身は変わらない。それよりも人の意見を聞いた方が、アイデアに深みが出る。

五輪を見ていても、金メダルを取った選手がそのまま現役を続けている。あれは自分の限界を超える瞬間に魅力があるからでしょうし、人間、ひとつの到達点では満足しきれない生き物だとも思うんです。

2週間ないし4週間おきの定期訪問が基本の当社は、営業マンが取引先へこまめに顔を出す、都度の名刺交換が不要の営業スタイルで信頼関係を築いています。そのため、カタログを渡すだけで、「あなたが勧めるなら使ってみる」というお客様が多かったことが、新規事業の結果を生みました。

古くからやっている事業、新しく始めた事業と、様々な事業があるわけですが、事業のポートフォリオをつくって、成長戦略と競争戦略というふたつの軸で見ていきました。「この事業はどの程度成長するだろうか」「この事業は競争に勝てる強みをどれだけ持っているだろうか」というふたつの観点から、事業ポートフォリオを見直していったのです。そうすると、どの事業に力を入れるべきか、どこに投資をして伸ばしていくべきかが自然とわかってきます。

ページの先頭へ