川村隆の名言・格言|財政再建より先に、アイデンティティの刷新に取り組まなければいけない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、アイデンティティを重視したのか。再生には財政再建も急務であり、赤字事業を分社化するなど、構造改革の方針を決めていた。ただ、財政再建だけでは、社員たちは日立がどこに向かっているのかわからない。事実、若手から届くメールは、現状への失望が読み取れた。自分は何のために仕事をするのか。必要なのは未来の道筋を示すことだった。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

悪い話は上に上げにくいもの。売り場に行けば、お客さんが「なぜうちのはダメで、よそのを買うのか」も見えてくる。

ファーウェイは創業のその日から30年間ずっと、技術革新を大切にしてきました。我々は毎年、売上高の10~15%に当たる金額を研究開発につぎ込んでいます。

座右の銘は「不思議と思う気持ちを大切に」です。子供の頃に感じた外の世界に対する好奇心や驚きを多くの人に伝えたい。あるいは、再び感じさせたい。

ここをこういうふうにしたらもっと面白くなるという意見を集めて、そのとおりにすれば、本当に売れるかといえば、絶対にそんなことはない。私たち娯楽産業のミッションは、いかに人を驚かせるかですが、いくらマーケットリサーチをやっても、そこに答えはありません、自分たちで考えるほかないのです。じゃあ、なぜ反応を知りたいかといったら、それまで自分になかった視点が手に入るからです。どうすれば人に驚いてもらえるかという仮説を考えるときの材料は、多ければ多いほど精度が高まりますからね。

なぜ海外進出が成功したかというと、挑戦的にやっているから。

作家であろうと、それ以外の人であろうと、人間同士としてつき合うという意味では同じです。心がけているのは、良いことがあったらすぐ連絡、悪いことがあったらすぐ連絡、というように情報を隠さないことです。

数字の読み方にはいくつかコツがあります。まず必要なのは数字の単純化。たとえば101という数字があったら、「100という大きなおにぎり」と「1という小さな米粒」といったように、自分にとってわかりやすい単純化したものに置き換えて、全体をざっくり把握します。ケタが増えたり端数が細かくなっても、同じ。数字そのものではなく、イメージや立体としてつかみとります。数字がたくさん並んでいる資料も、こうして単純化すれば、数値がどのような推移で動いているのか、数字同士がどのような関係にあるのか、シンプルに把握できます。

才能とは適性だと思う。人によっては向かないことをやっているだけで、自分にふさわしいものが見つかれば成功する。一生懸命に努力することと賢く努力することを両立させなければならない。

「あなたにとってお金とは何ですか?」と利かれたときに、間髪入れずに応えられることは、非常に重要だと思います。その答えに、お金とどう付き合っているかが如実に表れるものです。

「明確な目標」を与えられて、「公正な評価」をしてもらえる状態。この2つがあれば、人間、誰でも一生懸命に働きます。だから、アイリスオーヤマは常に目標を明確にし、社員を公正に評価するために相当な努力を払っているのです。

ページの先頭へ