川村隆の名言・格言|会社規模が大きくなると動きが遅くなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

外から見たほうが問題点が良くわかる。日立本社は連結売上高が10兆円前後と巨大だが、グループ企業は大きくても20分の1の規模だ。財布の中身を見ながら戦略を立てて決断できる。本社は戦略の明確さも決断の迅速さも遅れていた。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「鈍感力」も重要な能力です。ビジネスに壁や摩擦はつきもの。そうしたとき、落ち込んだり傷ついたりせずに、うまい具合にやりすごせる人は、企業にとっても頼もしい。もちろん、シャープな視点や行動力を備えているうえでの鈍感力ですが。

今の日本が停滞しているのはリスクをとらないで、安全策ばかりとってきたツケ。当社も含めてリスクをとって外に出ていくということが、今の日本に求められていることだと思います。

絵文字のようにシンプルにニコッと笑っている人などいません。40歳の人であれば、40年間の人生を引きずった笑い方になるのです。喜怒哀楽の間には何百種類の感情が存在しています。そういう微妙な表情が人間の感情であるし、僕は漫画でそれを表現したい。だから、喜んでいるのか、怒っているのかがわからないような、複雑な表情を描いていきたい。読者はその何ともいえない表情から、登場人物の複雑な感情を感じとってくれていると思います。

わが社が掲げる「DeNAクオリティ」という5つの約束事のなかに、「全力コミット」というのがあるんです。やはり、仕事をしている時間は、みんながみんなハードワーカーであってほしいんですね。それは妥協できないところです。

何もしなくていい点を取るより、むしろしなければならない時に何かをやって失敗する方を評価したい。何かをやって失敗するリスクより、何もやらないリスクの方が大きい。減点主義は嫌いだ。

ビジネスパーソン、ビジネスリーダーは、誤った根拠や、偏った根拠、不適切な論理展開を見抜く「健全な批判精神」を持つことが重要です。そのためには常日頃、きちんと勉強したり、しっかり調べたり、現場で何が起こっているのか情報収集したりすることが欠かせません。

つくったときは効果があっても、同じことをずっと続けていると、どこかの時点でプラスだったものがマイナスになってしまいます。単に弱ったのではなく、逆転して、全体の足を引っ張ってしまう。私は「効果の逆転」と呼んでいますが、あらゆることにこういった現象があるのではないでしょうか。日本型経済システムも効果の逆転が起きています。

ページの先頭へ