ジャック・ウェルチの名言・格言|優れた経営者は、短期的に結果を出し、長期的にも手を打つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

はっきり言って、短期的経営は誰にでもできます。ひたすらコストを絞り、これ以上絞れないというところまで絞ればいいのです。また、長期的経営も誰にでもできます。「辛抱強く待っていてください。我々の戦略がそのうち成果を上げますから」と言い続ければいいのです。四半期の成果を求める圧力と、儲かる未来を築く必要性の両方に応えることが、優れた経営者の仕事です。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マネックス証券と日興ビーンズ証券が合併したときを契機に毎日、派遣社員を含めた全社員向けのメールを書くようになりました。全社員向けのメールには、会社の理念や業務目標、数値目標などを定めたロードマップの一文を入れることがあります。人は忘れやすい。だから社員向けのメールで時折、反復する。社長からメールが来れば毎日ではなくても、たまに読んでくれます。そうやって徐々にしみこめばいいのです。

商品を買う時には、必ず目的ときっかけがあります。目的はお客さまが決めますが、きっかけはこちらでつくれます。「問題解決」「負担の軽減」「楽しませる」の3つの要素につながる提案をしましょう。

情報の収集には目や耳はもちろん、鼻や皮膚の感覚も大切です。情報の背後にある本質をつかむには、現場での行動を通じた現実認識が重要で、足腰の強さが求められます。次に情報を頭で分析し、戦略戦術を立てる。困難が予想されれば、腹を据え、度胸や勇気を持って決断する。まわりに自分の考え方を口でしっかり伝え、ときには腕力も行使する。そしてハート、思いやりがなければ誰もついてきません。

いま若い人の中で「頑張らない生き方」が流行っているとも聞きます。しかし、本当ですか?頑張らないで、いったいどうするんですか?私は、生きることはすなわち頑張ることだと思うし、仕事とはつらいことだと信じている。確かに、仕事はつらくて苦しい。しかし、それでこそ正しいのです。楽しく仕事をしたいと言っている人は現実を見つめていない。いい仕事をしようと思ったら、精一杯頑張らないといけない。

一人ひとりが何をしたいのか突き詰めることが大切。

高校のときには、サッカーをやろうにもサッカー部すらなかった。でも、そこで奮起してサッカー部を立ち上げ、県でも上位の成績を収めるまでになりました。大学時代は「洗濯係」としてサッカー部になんとか入部して、ほんのわずかなチャンスをつかみ、Jリーグに入ることができました。

アピールの方法として、「最近、御社の商品がリニューアルしましたよね。僕は大成功だったと思います」と評論家のように話す人がいますが、感心しません。多くの人は、あなたの評価より自分の考えを聞いてもらいたいのです。だから、「なぜリニューァルしたんですか」「リニューアルの狙いは何ですか」と質問を投げかけたほうが、話が盛り上がります。

ページの先頭へ