ジャック・ウェルチの名言・格言|経営者は社員の育成を常に考える必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者は社員の育成について常に考えていなければなりません。彼らを社内の訓練プログラムや、社外の講座に参加させ、多様な経験や能力の向上につながる任務を与え、リスクをとることを奨励しなければなりません。それらの活動はただちに成果をもたらすことはないかもしれませんが、絶対に行わなければいけない将来への投資です。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

戦略的に信頼残高を高めたければ、小さな約束をいくつもして、それを確実に守っていくことです。たとえば、「いつまでにこれをやる」「会議はいつも1時間で終える」などと約束しておいて、それをきちんと守る。これを繰り返せば比較的短期間で信頼残高を高めることができるでしょう。

ケンウッドでは、まだ市場が成長していた携帯電話事業から撤退し、家庭用オーディオ事業も縮小。カーナビなど車載エレクトロニクスや無線といったものに力を注ぎました。いずれも成長するためでした。携帯電話事業は当たれば、売り上げと利益が大きく伸びますが、うまくいかないと損失も大きい。一方、車載や無線などは、伸びがなさそうに見えても力を集中すれば、安定的な収益を上げられる。一見すると、縮小均衡のように映るかもしれませんが、実際は成長を目指す改革なのです。赤字を垂れ流していたテレビ事業を大幅縮小したビクターとの統合後の改革も同じです。

仕事とプライベートの比重を間違えないということも重要です。人生で過ごす時間において、働いているのは3割に達しません。大切なのは仕事ではなく、食べて寝て、家族や友人と楽しく過ごす時間です。仕事なんてどうでもいいと割り切れたら、八方美人になったり上司にゴマをすることがバカバカしくなります。絶対に譲れないと思うときは上司を打ち負かすつもりで臨めます。本当にいい仕事ができるのです。

(総合商社は各社)お互いに手がけるビジネスモデル、事業領域、得意な領域、これはだいぶ変わってきている。各社それぞれ強い部分があって、そこに行ってもかなわないし、変な競争をする必要はない。

これからいろんなトラブルに出会うだろう政治家に言いたいのは、醜い姿の己を直視して、困難な道を選択すること。逃げるも立ち向かうも、結局最後はそれで自分が許せるかという誇りの問題なんだよ。

お客さまに泣いて感謝されたことによって、仕事が病みつきになる社員もいます。出戻り社員も結構多いんです。当社ではイベントがたくさんあって、燃え尽きて辞めてしまう人もいるのですが、そうした人たちがほかで同じような仕事をしても、泣いて感謝されることはなかなかありません。もう一度やりがいを感じたくなって、戻ってくるスタッフも多くいます。

みんな評論家になりすぎている。いくら評論したって、何も生まれない。

ページの先頭へ