原田泳幸の名言・格言|実験をして客数と売上が最大化する値段を探る

値付けというのは難しいですね。いくつかの方法論があります。製造業に多いのは「コスト・プライシング(かかる経費から価格を決める方法)」。小売りに多いのは「コンペシティブ・プライシング(どこよりも安くのような、競合他社の価格を参考にする方法)」です。日本マクドナルドの基本的な考え方は「デマンドベース・プライシング」です。顧客の購買パターンを定量的に分析して、ある商品についてどこまで値段を上げたら客数が減り始めるか、分岐点を定めて価格を決めます。そういう実験を一部店舗で実施してから価格を決定しているんです。

原田泳幸 の経歴

原田泳幸、はらだ・えいこう。「日本マクドナルド」社長・会長、「ベネッセ」社長。東海大学工学部卒業後、日本NCR、日本ヒューレットパッカード、油田開発のシュルンベルジェ、アップルの日本法人社長、米国アップルの副社長を経て日本マクドナルドに社長としてヘッドハントされた。またベネッセの社長を務めた。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ