樋口廣太郎の名言・格言|逆境にあるときこそ、リーダーは悲観せず明るく元気に

いま、日本の経済は大いなる停滞期にあると言われています。実際、多くのビジネスマンが閉塞感と絶望感にさいなまれています。しかし、だからこそ、企業のトップは明るく元気に振る舞って欲しいと思います。逆境にあって、いたずらに前途を悲観していたら、事態は一向に好転しません。

樋口廣太郎 の経歴

樋口廣太郎、ひぐち・ひろたろう。日本の経営者。アサヒビール社長・会長。京都出身。京都大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。同行で副頭取まで務めたのち、アサヒビール社長に就任。経営不振だったアサヒビールの再建に着手。半年以上経過したビールの回収やスーパードライ発売、味の刷新など思い切った経営改革を行い経営再建を成し遂げた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業で社員のモチベーションを上げようとするときは、給与やコミッションを増やすといった肉体の側面の方策が取られることが多い。しかし人のモチベーションに働きかけるのはお金だけに限らず、上司や同僚に認められたい、もっと学んで自分を成長させたい、仕事を通じて社会に貢献したいなど、いろいろあります。

起業の成功のポイントのひとつが、固定費の抑制。廃業とは事業を諦めること。売り上げが伸びないなかで、毎月お金が出ていくのは精神的にきつい。固定費を抑えることで、諦めるまでの時間が延びます。そうやって長く続けられれば、成功の確率も上がります。資金繰りもしっかり管理しましょう。

朝は頭が活性化しているので勉強会にも向いている。知識の吸収や気付きを得るといったこともほかの時間と比べて朝のほうが優れている。講師から同じ話を聞いたとしても、一日働いてくたびれた頭では、あまり多くのことは吸収できないかもしれない。

資材・機能・品質、それにトレンドの面で十分満足いただけるレベルにあり、そのうえで、「にもかかわらず、圧倒的に安い」という形容詞がつくことこそ、しまむらが目指すべきブランドの中身なのです。

経験も知識もないので、出たとこ勝負でやると絶対に失敗します。代表就任当初から、「準備、準備、準備。確認、確認、確認」と常に自分に言い聞かせてきました。

徹底した時間管理を意識しはじめたのは、新卒で入社して1、2年目です。仕事が面白く、社長を目指そうと決めました。その時からずっと、結果を出すために必要な行動に、時間を集中させることを大事にしてきました。

当社のテーマパークを訪れるゲスト(顧客)の9割以上は、リピーターと呼ばれる過去に1回以上来園した人です。再び足を運んでもらうには、「本当に楽しかった。すごく感動した」「ぜひまた来たい」と思って、帰ってもらわなければなりません。

楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。

目標達成のために大切なことは、計画よりできるだけ早く動くこと。

ビジネス文書で型通りの堅苦しい文章表現では、相手に冷たい印象を与えてしまうのではないかと心配する人も多いと思います。ただ、ビジネスマンとしては、やはり失礼にならない表現を身につけるべきです。くだけた文章表現は、あくまでも相手との関係性が確立されたあとで使うべきものです。いくら親しみを込めたり、わかりやすく伝えるつもりでも、いきなりくだけた表現を使うのは、社会人失格です。

ページの先頭へ