ゴードン・ムーアの名言・格言|半導体の技術革新があったからムーアの法則が成り立った

私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。

ゴードン・ムーア の経歴

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々日本人は金儲けを汚いものだと考えずに、もっと正面から向き合うべきです。日本の国益という観点で、きちんとそしてより多く稼ぐことがいかに大事なことであるか。海外からの収益の国内分配ということを含めて、稼ぐということを、我々はもっと正面から議論するべきだと思います。

当社には、「成功か大成功しかない」という言葉があります。諦めない限りは成功するんですよ。

生まれたときからずーっと運よく生きていける人生なんてどこにもありません。いい運がやってくると、必ずそのあとに不運がやってきます。だから、不運が続いている人には、きっと大きな運が待っていますよ。人生って運と不運が交互にやってきて、最後は五分五分でチャラになるの。

赤字を出さない経営、それを5年もやると会社の中はボロボロになる。設備投資しない、技術開発しない。口では「やってます」と言っているけれど、本当はやっていない。攻めていないからです。

欧米の大手ホテルでは、どのホテルも現地スタッフをたくさん雇用してはいますが、彼らを労働力としかみていない。一方、我々の「日本旅館メソッド」では、現地の人々をサービスのクリエイターとして位置づけています。彼らのこだわりこそが、サービスの源泉だからです。

僕は走っていることが面白くて仕方がありません。煩悩を我慢するのではなく、小さな煩悩よりも、もっと快感が得られるものに出会うことができました。自分の価値観を転換して、もっと面白いものへと移っていくからこそ、こうやって楽しく続けられるのです。雑多な日常を忘れて、無我夢中で走っていると、生きるのに最低限必要なものがわかります。まず空気と水。それと食糧、睡眠、休憩といったものが残り、とりあえずカネとか肩書きなんて必要なくなります。

勘がないと決断できない。どんなデータを見てもダメ。

物事がうまく回っているときほど、本当の危機は訪れるもの。突然、怒ってみせて組織に緊張感を与えたりしています。

チームプレーといってもグーグルの場合は自立分散型。個人の役割が明確になっているからです。たとえば、企画の仕事を任されたら、A、B、C三案をつくって上司に選ばせるようなことは許されません。新入社員であっても、その人のなかでどの案がよいのか、結論を導き出しておくことが不可欠。任された人が最後まで、責任をもってやり遂げなければならないからです。つまり、グーグルの場合、チームプレーといっても、指示待ちではなく、セルフ・スターターでなければ務まらないのです。

セールスレターは皆に届くメッセージを目指さないこと。万人に注目してもらおうとするとメッセージはぼやけてしまい、かえって誰の興味も引かない文面になります。「この商品が必要な層」を考え、その人たちだけに訴える仕掛けをつくるのが得策です。「三才以下のお子様を持つ方々」「もうすぐ定年退職を迎える方々」「住宅ローンがご負担な方々」に朗報です、と明記すると読み手の当事者意識が喚起されます。

ページの先頭へ