ゴードン・ムーアの名言・格言|半導体の技術革新があったからムーアの法則が成り立った

私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。

ゴードン・ムーア の経歴

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

長い目で見れば、失うものなど何もありません。失ったかどうかを決めるのは自分自身です。不運に巻き込まれてその時は嫌な思いをしたとしても、捉えようによって、それはチャンスに変わります。私は、基本的には得るものしかないと考えています。だから、とにかく挑戦してみてほしい。

須田将啓の名言|失ったかどうかを決めるのは自分自身


人前で話すときに緊張しているのなら、それをそのまま伝えてもいいのです。「今日はとても緊張していますが、皆さんに聞いていただきたいことがあるので、頑張って話します」と。そうすれば、聴衆は応援しようと思ってくれるかもしれません。

パトリック・ハーランの名言|スピーチで緊張したら緊張していると伝えてみる


工作機械の世界では、受注が減ると値下げによって売り上げを確保しようとしがちです。ただそれでは、市況が回復しても値段がなかなか元に戻らず、結局は苦労することになります。ですから私はリーマンショック後、「売り上げを落とせ」と指示し、余分な在庫を減らすことに注力しました。その年は赤字になりましたが、翌年度は黒字に戻り、従業員をリストラすることもありませんでした。

佐藤肇の名言|余分な在庫を減らすことに注力する


穏やかで慎み深い心が得るモノは、利己的な欲望のために騒々しく焦って得るモノを、はるかに凌駕する。

ジェームズ・アレンの名言|穏やかで慎み深い心が得るモノは、利己的な欲望のために得るモノを、はるかに凌駕する


安定性、持続性が求められる作業には機械を導入。均一な品質の製品に仕上げるために科学技術の力も借りています。ただし、最終的に重要なのは「人の目」です。火入れや仕上げなど最適なタイミングは熟練者の目で判断します。ばらつきのある天然の原材料を使い、気温や湿度の影響を受ける菓子作りでは職人の経験と五感がものをいいます。

黒川光博の名言|最終的に重要なのは「人の目」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ