ゴードン・ムーアの名言・格言|半導体の技術革新があったからムーアの法則が成り立った

私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。

ゴードン・ムーア の経歴

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

重点を見抜く、分析する、といった習慣をつけ、鍛錬すると、ひらめきといった力になり、現場で応用できます。仮説を立て、検証し、それにしたがって勉強する。忍耐、創意工夫がなく、マニュアルでしか動けない人間は専門家ではありません。インサイダー、買収など、目先の利益を追ってしまいかねないでしょう。

スタンフォード大学教授、ジョン.D.クランボルツは、発表した「偶発性理論」の中で、「キャリアの80%は予期しない偶然の出来事によって支配される」と説きました。この理論の中でも、仕事の機会を自らつくりだす積極性と、その機会を活かせるような能力を身につける必要性が強調されています。

経営者はまず情勢を読む。会社にとって良い情報も、悪い情報も、あらゆる情報を掴むということです。次に、情勢を読んだら当社は何をしなければならないのか、どういうことをするのか、どの方向に向かうのか、情勢から生まれてくる未来を読み、構想しなければなりません。3番目は、それを社員に伝えなければならない。4番目は先頭に立って断行する。それが経営者の役割です。

接点のない分野の人とどうやって会うのかというと、これまでに築いた社内人脈を活かすのです。会社の中には、それぞれ違った得意分野を持つ人がいるはず。放送局の例を出すと、たとえばスポーツ関係者と人脈を作りたいなら、その分野に強い人に、取材に同席したいと頼めばいいのです。このように、自分が関係を作りたい業界の営業担当者に同行させてもらうなど、その人の交友関係の中に自分も交わらせてもらうのが、一番早くて確実な方法。

疑って始めるのではなく、信じて始める。成功と失敗は紙一重。だけど、やるとやらないでは雲泥の差が生じることを証明してやろうと思っています。

国際学部なんてもうどこの大学にでもあるし、珍しくもないですよね。だから「三番煎じになるならやめよう。どこにも存在しない国際学部を作ろう」と意気込んできました。語学学校大手のベルリッツと提携し、授業を担当してもらっているのはそういう背景からです。専門的な英会話教育のノウハウを取り込むため、外部と組むという判断をしました。

社長が自伝をプレゼントしてきたら要注意。身の丈に合わない豪華な新社屋に入居したら、その時期がピークです。社長室が不必要に豪華である場合も同じこと。こういった事象は全て危険なサインと見ています。

私が若い頃は、「見て倣え」と言われたものです。先輩たちの動きを見て、一つずつ覚えていきました。でも今は手取り足取り教えています。その意味では時代が変わりました。

私の経験上、交渉の達人はみな聞き上手である。そして聞き上手とは、相手に決して反論することなく、相手が思いのたけを存分に吐き出すまで、ひたすら聞くことに徹する人のことを言う。相手はひとしきり感情を吐き出すと、「黙っていないで何とか言え」と迫るだろう。達人はその段階でも決して反論はしない。相手の言い分の中で最も不当だと思われる部分を、二度三度復唱するのみである。「確認しますが、つまり値段を下げて、しかも納期も早めろとおっしゃっているわけですね」と。やがて相手は自らの不当さを自覚して冷静さを取り戻し、自らの要求を後退させていくことになる。

生きることは、忘れながら前に進んでいくことでもあると思っています。

ページの先頭へ