ゴードン・ムーアの名言・格言|半導体の技術革新があったからムーアの法則が成り立った

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。


ゴードン・ムーア の経歴

ゴードン・ムーア、米国の実業家・物理学者、インテルの設立者の一人。同社名誉会長。『最小部品コストに関連する集積回路におけるトランジスタの集積密度は、18から24か月ごとに倍になるという経験則』ムーアの法則の提唱者としても知られている。カリフォルニア大学卒

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

体調を整えるには、「毎朝同じ時刻に気持ちよく目覚めること」が何より大切です。

サラリーマンには4つの楽しみがあります。「良い同僚を持つこと」「良い同僚になること」「良い上司になること」、そして、「良い上司の下につくこと」。最後のひとつは自分の努力ではどうにもできない。でも、一生懸命やっていれば、運も引き寄せることができるものだと思います。

聞き手が何を求めているのかを考えることが重要です。求めている情報は、聞き手によって違います。聞き手が仕入れの担当者である場合は、自社の概要を説くよりも、製品の特長を述べて割引率の提示などをするべきです。反対に、経営者の場合は、数量などよりも、具体的な目標を達成するまでのスケジュールの全体図を示す方がいい。

相手からの信頼を得るには、嘘偽りのない発言をするだけです。根拠のない自信ならば、根拠がないことすらも明らかにします。想いを乗せた自分の言葉でプレゼンをすれば、信頼を勝ち得ることができます。

いまの収益を支えているのは輸出と国内事業です。それらも大事にしつつ、次の成長分野を育てるという考え方です。製品別に見ても、いまを支える製品とこれから先で期待できる製品という分け方はできるでしょう。

自分が努力した「のに」、ある「べき」リターンが返ってこない。これは全部、思い込んでの期待ですよね。この「のに」と「べき」を捨てるだけでも、すごく身軽になれます。

もしかしたら、この仕事をしているわりには、他の振付師の方の作品を観なさすぎるのかもしれません。もちろん好きなダンサーはいるんですけど、誰かを参考にするというよりは曲のイメージに合う映像を探してみるほうが多い。僕は影響されやすくてすぐ真似しちゃうから、あえて観ないようにしているところもありますけどね。

ページの先頭へ