新谷功の名言・格言|リストラを任された社長は、酒を飲みに行ってはいけない

社長になって以来、自分の周りにいる人たちとは酒を飲みに行くのをやめました。酒を特定の人と多く飲みに行けば、人間ですから情は移ります。自分ではえこひいきしていないつもりでも、他人が見ればひいきしていると思われるかもしれません。そう思われただけで、事業部門の売却や取引先企業との取引解消というつらい選択を社員や取引先に強いる決断が鈍ります。

新谷功 の経歴

新谷功、しんたに・いさお。日本の経営者。川崎汽船会長。大阪府出身。大阪大学経済学部卒業後、川崎汽船に入社。ロンドン駐在員、定航第二部長、取締役、常務、専務を経て社長・会長。そのほか、社団法人日本船主協会会長なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者は「俯瞰のイメージ」を持っておくことが大事。日々の経営で悩みは尽きないものだが、視点を変えて地球を俯瞰してみれば、答えはおのずと見えてくるものだ。

世界は可能性で満ちあふれている。できないことは確かにあるかもしれないが、「絶対にできない」とは言い切れない。不可能を証明することは、不可能だから。つまり、可能性は常にあるということ。

我々は現場を知っている人間が教えています。例えば、評価制度を作る会社はたくさんありますが、「店長は何を評価されると嬉しいか」「どんな報酬と評価があればモチベーションが上がるのか」、こういうことを感覚としてわかっている。この違いは、実はとても大きい。

頼み事をうまく引き受けてもらえたからといって、それで終わりではありません。忘れがちなのが、その後のフォローです、「報告・連絡・相談」はビジネスの基本ですが、上司や部下に対してはできていても、同僚に対してはどうでしょうか。お互いに報告しあうことは少ないように思います。だからこそ、「おかげで助かった。部長も喜んでいたよ」という成果の報告と感謝の言葉が、同僚との良好な関係づくりに役立ちます。

お金持ちの生活は意外に質素ですね。収入に見合ったシンプルな生活をしています。物欲にとらわれていないのだと思います。

(求人サイトのアイデアを思いついた後)本を読んでホームページのつくり方を覚える所から始めました。そうして次に、公開の仕方を覚え、ドメインを取り、一か月後にサイトをオープンしました。
【覚書き|求人情報サイトFind Jobを開設した当時を振り返っての発言】

多くの人が自分より先行しているのを見たなら、多くの人が自分より遅れているかを考えなさい。

真剣さなくしては、この世で何事も成し遂げることができない。教養のある人と呼ばれる人たちの間に、真剣さはほとんど見出されない実情である。

みなさんは職場で与えられた仕事や自分のやるべき仕事を、目標を立ててやっていると思いますが、私にとってそれは仕事の段取りであって、目標ではありません。私の言う目標とは、もう少し長期的な視点で見たビジョンのことです。夢と言い換えてもいいかもしれません。そういう前提で話すと、私は目標を明確に設定して、仕事に取り組んできたわけではありません。

日本人というのは極端から極端に走る性質があるので、すぐに右か左か、白か黒か、自分なりにのみこんで色分けしてしまう。何でも簡単にレッテルを貼ってしまう。事業家として、一面的見方や考え方しかできないようでは、この戦国時代を乗り切れない。一面的な見方、考え方でなく、本音を見抜ける能力を身につけなければならぬ。

ページの先頭へ