新谷功の名言・格言|リストラを任された社長は、酒を飲みに行ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

社長になって以来、自分の周りにいる人たちとは酒を飲みに行くのをやめました。酒を特定の人と多く飲みに行けば、人間ですから情は移ります。自分ではえこひいきしていないつもりでも、他人が見ればひいきしていると思われるかもしれません。そう思われただけで、事業部門の売却や取引先企業との取引解消というつらい選択を社員や取引先に強いる決断が鈍ります。


新谷功 の経歴

新谷功、しんたに・いさお。日本の経営者。川崎汽船会長。大阪府出身。大阪大学経済学部卒業後、川崎汽船に入社。ロンドン駐在員、定航第二部長、取締役、常務、専務を経て社長・会長。そのほか、社団法人日本船主協会会長なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の企画が当たらなければ、それは自分の考えがニーズに合っていなかっただけです。「時代に合わない」というのも言い訳に過ぎません。では、「数年後なら当たるのか」と言ったらまた違うでしょう。皆がいま持っているニーズに対して合致しなければ、5年後のニーズを捉えることなど出来ないと思います。

企業経営は、未知の要因に対して何らかの判断や行動をするものです。決まったことに決まった反応を返すフィードバック能力が問われているわけではありません。この点を改めて認識するべきでしょう。

どんな仕事でも「この人に頼めばうまくいく!」というキーマンが組織の内外にいる。そういう人物と良好な関係を維持することが、自分の仕事の質を向上させていく。無能な同僚はこの際無視して、そういう人物との信頼形成に集中してみよう。

キーワードは「グローバル」「スピード」「環境変化」です。世界が瞬時に、リアルタイムで動くグローバル化時代に対応しなければなりません。顧客サービス、コスト、生産拠点、生産技術、さらには富士フィルムとのシナジー効果を得て、あらゆる面でより競争力を高めていく。その観点でいうと、技術に関わる部分が非常に多く、それが技術出身の私に課せられた役割です。

難題に直面した時は、成長する絶好のチャンスです。失敗したり、目標を達成できなかったとしても、それはあなたが無能で力不足なのではなく、振り返って反省し、成長へ向けて前進する必要があるということなのです。

のほほんとやっていたら、あっという間につぶれてしまうのがベンチャーです。ベンチャー企業イコール危なっかしいってことです。

愛せよ、さらば汝も愛されん。およそ愛は代数方程式の両辺のごとく数学的に公正なり。

ページの先頭へ