新谷功の名言・格言|変化の時代には、小粒でも本業に特化した特徴ある企業が生き残る

変化の厳しい時代の海図は、今日と明日では違う。いたずらに規模を追求しても変化に対応できません。小粒でも本業に特化した特徴ある企業が生き残る時代だと私は信じています。

新谷功 の経歴

新谷功、しんたに・いさお。日本の経営者。川崎汽船会長。大阪府出身。大阪大学経済学部卒業後、川崎汽船に入社。ロンドン駐在員、定航第二部長、取締役、常務、専務を経て社長・会長。そのほか、社団法人日本船主協会会長なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人が困っていることにビジネスチャンスは眠っている。くれぐれも、今流行っているからという安易な理由で起業しないことだ。私の場合、解決すべき問題とは「教育」だった。世界の問題は、お金の教育がなされてこなかったことに起因していて、いまだ学校ではお金についてきちんと教えていない。だからファイナンシャル教育の会社を立ち上げて、世界中でお金の教育についてコンテンツを提供している。おかげさまで、すごく儲かっているよ(笑)。皆さんも「問題」と「解決法」について考えてみることだ。「肥満」や「ガン」などヒントはたくさんある。

ロバート・キヨサキの名言|人が困っていることにビジネスチャンスは眠っている


相手は必ず、退屈のサインを出しています。目をそらしていたり、あいづちがおざなりだったりしたら、すぐに相手に話を振りましょう。「あなたのところはどう?」「あなたならどうする?」など、相手を主語にすると質問しやすいでしょう。この「あなたは?」を徹底的に習慣化することです。

西任暁子の名言|相手を主語にすると質問しやすい


エステーは鈴木喬会長のリーダーシップが強い会社でした。今後は社員一人ひとりがより主体的にならなくてはいけません。これから社員たちと一緒にエステーつくっていきます。

鈴木貴子の名言|一人一人がより主体的に


あなたがマネジャーであれば、部下の失敗を叱責したり慰めたりするだけで終わってはいけない。また、部下の提案に対して「それは前にもやったが、失敗した」「以前検討はしたが、やめた」とは禁句だと思わなければいけない。

森澤篤の名言・格言|マネジャーが部下にしてはいけないふたつのこと


個性豊かに人員配置された組織では、メンタル疾患が少なくなる。性格において多様性を重視することは生産性を上げることになる。

植木理恵の名言|性格において多様性を重視することは生産性を上げることになる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ