新谷功の名言・格言|変化の時代には、小粒でも本業に特化した特徴ある企業が生き残る

このエントリーをはてなブックマークに追加

変化の厳しい時代の海図は、今日と明日では違う。いたずらに規模を追求しても変化に対応できません。小粒でも本業に特化した特徴ある企業が生き残る時代だと私は信じています。


新谷功 の経歴

新谷功、しんたに・いさお。日本の経営者。川崎汽船会長。大阪府出身。大阪大学経済学部卒業後、川崎汽船に入社。ロンドン駐在員、定航第二部長、取締役、常務、専務を経て社長・会長。そのほか、社団法人日本船主協会会長なども務めた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま、当社も社員をどんどん海外へ出していますが、私は、最初の1年間は遊んだらええと思っています。遊ぶというと語弊がありますが、その国の宗教、生活習慣を体で学び、人間関係を築くことが大事。利益のことなど考えずに、まずは暮らしながらマーケット調査すればいいんです。

気を付けているのは、漫然と情報に触れるのではなく、「これはなぜなのか?」と問い続けることです。知っているだけでは意味がなくて、その背景まで分析できなければ、視点を磨いていけません。

自分の欲しいものを作り、したいことをするのが一番仕事に情熱が持てる。

必要な能力は企業再生業務の実績を重ねてきた中で築かれてきたと自負しています。再生業務では一般の不動産仲介業務と違って、調整相手が数多い。しかも、一定の期間内で完了させるスピード感を求められます。当社に依頼するとそれがうまく運ぶという評価を得ながら、実績を積み重ねてきました。

特にリーダーは、部下から信用を得ることが重要。リーダーには「方向性を示す」役割がありますが、その道が正しいかどうかは、実は誰にも分かりません。リーダーはそれを「正しい道」にしていくしかないのです。けれども、リーダーが部下に信用されていなければ、誰も同じ方向を向いてくれません。指示さえすれば部下は動くと思いますが、それでは最高のパフォーマンスは引き出せません。ですから、リーダーとしての役割を果たしているとは言えません。

いつも仕事のことばかり考えていたら、身も心も干上がってしまいます。何がヒットするか分からない時代だからこそ、成果が予測できないようなことに、意味があるのではないのでしょうか。

当社では毎年、80人から100人ほどの社員を新規採用しています。景気の悪いときでも人数をそれほど落とさず続けてきました。それは、技術の伝承を途切れさせないためなのです。

ページの先頭へ