新谷功の名言・格言|リストラを成功させる秘訣は公平かつ透明にやること

長いリストラを経て、やっと成果を出せた企業の立場で言うと、最も大切にしてきたのが公平かつ透明に経営するということでした。痛みのないリストラなどありません。

新谷功 の経歴

新谷功、しんたに・いさお。日本の経営者。川崎汽船会長。大阪府出身。大阪大学経済学部卒業後、川崎汽船に入社。ロンドン駐在員、定航第二部長、取締役、常務、専務を経て社長・会長。そのほか、社団法人日本船主協会会長なども務めた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

父が高校バレーボールの監督をしていた関係で、選手の皆さんが大変な努力をしながら勝利をつかむ姿を間近に見てきました。この体験が「努力なしに成功なし」という思いを育てたのでしょう。

菊間千乃の名言|努力なしに成功なし


我々はサービスを提供するときに、速ければいいという固定観念があります。しかし、顧客のバリューチェーンに入り込んで、むしろある部分については到着を遅らせて、生産工程に合わせてあげるというサービスも必要なのかもしれません。

池田潤一郎の名言|場合によっては速ければいいわけではない


アニメーションって企画から初号まで二年は必要なんです。企画が二転三転したりして、いろいろ調べたりで準備に半年近くかかって。シナリオをやって、キャラクターデザインをやって、コンテの準備したりしてるうちに、また半年が過ぎて。作画に入って一年弱、で、その後の作業を含めてだいたい二年。そうすると10年でうまくいって5本。自分が60歳になるまでが20年としてね……そんなに作れないんですよ。でも、やりたいことはたくさんあるし、これからもアイデアは生まれてくるだろうし。
【覚書き|生涯で10本映画を作りたいという発言の理由を尋ねられて】

今敏の名言・格言|生涯で10本の映画を作りたい


どんな産業でも、国際的に活躍している企業はまず母国市場で圧倒的に強い。

横山邦男の名言|国際的に活躍している企業はまず母国市場で圧倒的に強い


昔のように、社会全体が右肩上がりの時代と違い、いまは個々のビジネスパーソンが目標設定をしにくい時代ですが、いまの自分の足もとをきちんと見つめれば、必ず成果への登坂ルートは見つかるはずです。

高城幸司の名言|自分の足もとを見つめることの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ