林義郎の名言・格言|変化は黙っていても起こるので、待つよりも率先して変化する

変化の時代に苦労の連続でしたが、変化に対する私の姿勢も時代とともに変わりました。国鉄のころは「変化に対処しよう」なんて言っていました。その程度でよかったんです。通信業界に入って「変化に即応しよう」。いまは「変化をチャンスとして受け止めてチャレンジしよう」です。黙っていても変化は起こるのだから、身を縮めて待つのではなく、自分から作り出せと。

林義郎(経営者) の経歴

林義郎、はやし・よしろう。日本の経営者。「ボーダフォン(のちのソフトバンクモバイル)」会長。岐阜県出身。名古屋大学工学部卒業後、国鉄に入社。その後、国鉄と主要商社の合弁会社日本テレコムに移籍。常務取締役を勤めたのち、テレコムの携帯電話子会社東京デジタルホン専務・社長。その後、商号変更によりJ-フォン社長。また、世界最大の携帯電話会社ボーダフォンに同社が買収された後は会長と相談役を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事上の会話には、最終的には自分の土俵のなかで、こちらが伝えたいことを伝達するという目的があります。だからこそ、まずは相手の土俵に乗る、相手にリズムを合わせることが大事だと思います。

川越達也の名言|相手の土俵に乗ることが大事


保険とは、人間が成長し、学校を卒業して、仕事を持つ。そして、職業生活をまっとうして退職していく。そうした人生を送っていくなかで、なくてはならない安心の礎だ。

筒井義信の名言|保険とは安心の礎


世の中の動きを、30年ぐらい先を見ないといけない。

永守重信の名言|世の中の動きを、30年ぐらい先を見ないといけない


いい人にも嫌な人にもなろうとしていないですね、たぶん。ただ普通にしているだけ。そもそも、人によとらえ方って違うから。すごくいい人の役がきたら、「坂口くんは優しそうだし爽やかだし、ぴったりだね」って言われますし、性格がきつくて冷たい人の役がきても「すごくよくわかる、ぴったりだ」って言われる。自分のことは自分が一番よくわかっているので、そういう反応を聞くと「へえ~そんなふうに感じるんだ」と思いますが、だからといって否定もしませんし。

坂口健太郎の名言|ただ普通にしているだけ


管理職は未経験の仕事に取り組まなければなりません。そのとき、「どんなことをしてでも達成しよう」と思う執念は欠かせませんが、同時に、自分の考え方ややり方に執着してもいけません。

柴田励司の名言|執念と執着


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ