ジャック・ウェルチの名言・格言|意欲的な従業員と満足した顧客を生み出せるかが企業の将来を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の将来は、意欲的な従業員と満足した顧客を生み出せるか否かにかかっています。企業はこの両者の声に耳を傾けなければならない。また、企業はコミュニティにおけるよき隣人として、社会の責任ある一員として行動しなければいけません。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕も含め、未完成な若造が付け焼刃で背伸びしたところで、すぐに化けの皮がはがれてしまいます。ですから、月並みですが、素直、謙虚、情熱の3つを心の内側に持って、人の意見に耳を傾けられるように心がけています。

食文化の交流で融合が起きると、新しい食べ方が生まれ、しょうゆの可能性はさらに広がっていく。世界に目を向ければ、我々が日常的に使っているしょうゆの概念を変えるような可能性がある。

リーダーは「語り部」でなければなりません。末端から燃え上がるような集団をつくっていくには、やはりリーダーが率先して会社の生い立ち、やろうとしていること、会社の状況などを社員に語りかけなければならないと思っています。

しっかり遂行して達成するためには、まず、やるべきことを細かく洗い出し、課題は何か、何を重点的にやるべきかなどの優先順位を決めます。そして、自分の手が回らないところは他の適任者に任せるなど、役割分担も必要です。

「いままで見たことないものを見た」って思ってもらえれば嬉しい。

2年間の留学から帰ってきた若者に、リッツ・カールトン大阪で「ドアマンの仕事をやってごらん」と勧めたところ、「冗談じゃない、2年もアメリカで勉強してきて、ドアマンはないでしょう」と不満をいわれたことがあります。しかし、ドアマンやベルマンの仕事は、ホテルの全セクションとのコンタクトポイントにもなる重要な仕事です。意識を集中して仕事に取り組めば、お客様をみたときに、その人が何を欲していらっしゃるのか、どういう気分でいらっしゃるのかが瞬間でわかるようになってくる。どんな仕事にも自分の感性を磨く瞬間があるということをもっと意識すれば、先を急がずとも仕事の質を高めることができるのではないでしょうか。

一般に日本のビジネスマンは、技術力が高く「いいものをつくれば売れる」という発想が長く続いてきました。しかし、技術的優位による差別性のリードタイムがどんどん短くなっているうえに、技術力だけではモノが売れない時代になってきました。ですから、性能にプラスアルファして感性を磨かなくてはいけません。

ページの先頭へ