ジャック・ウェルチの名言・格言|会議で多くのスライドはいらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

会議は企業にある種のリズムを与えますし、インターネットの時代にあっても共通理解のためには一堂に会することもときには必要です。しかし、多くの会議の問題点は、だらだらした発表会のようになることです。あなたがリーダーなら、これを解決するのは簡単です。真の議論を促し、全員を参加させるためのスライドを数枚だけ見せましょう。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

理念めいたものを100回唱えたところで人は動かない。会社が進むべき方向を議論し、「そもそもなぜこのようなことをするのか」という原点にまで踏み込んでいけば、自分の役割を考えて動く人が育つ。

目の前の仕事に本気で取り組んだら、定時にはヘトヘトのはずです。残業して夜9時まで働く余力があるというのは、それだけ仕事の密度が薄いからだと私は思います。

信用は「言ったことはやる」という約束を積み重ねて得ていくもの。言った以上はそれもしっかり守る。仕事の約束はもちろん、普段のつき合いの中で生まれる小さな約束を守っていきましょう。

起業家の中には夢を見るだけの夢想家で終わってしまう人が沢山います。それは第一に知識が無いということ、即ち勉強が足りないということ。第二に言葉だけで勇気を持った実行力が無いということ。最後に戦略が無いということの「三無」だからだと思います。

せっかく捻出した時間を有効活用するためには、効果の低い勉強方法を見直して、ムダなことをしないことも大切。

戸田建設は2020年の東京オリンピックの翌年に創立140周年を迎えます。そのときには、ゼネコンの中で生産性の最も高い企業になっていたい。そのために業務プロセスを見直し、経営効率を上げていきます。そして、ゼネコンの中で最も財務体質を強靱なものとし、永続的に社会に貢献できる会社になりたいと思います。

行き当たりばったりで毎日過ごしたほうが気楽だという人もいますが、無計画なビジネスマンは結局仕事に忙殺されてやりたいことを達成できなくなり、ストレスをためるというパターンに陥ってしまいます。充実した人生を送るためには、個人レベルの計画が必要不可欠です。

ページの先頭へ