ジャック・ウェルチの名言・格言|企業は株主のもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業は株主のものです。資本主義は、株主が自分の会社の成功を望むという原則に支えられています。株主は持続的な利益を望みます。持続的な利益は、満足した顧客、意欲的な従業員、繁栄するコミュニティ、健全な社会を生み出すのです。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

糖質中毒に陥らないためには、「少しだけなら大丈夫だろう」と考えず、糖質を断つことが必要です。そう言うと、「脳のエネルギー源であるブドウ糖を断ったら、それこそ脳が働かなくなってしまうのでは?」と疑問を持つ人もいるかもしれません。でも、心配はいりません。近年の研究で、ケトン体という物質が、脳のエネルギー源になることが明らかになっているからです。ケトン体とは、炭水化物などの糖質の摂取を制限したときに、体内で発生する物質です。米国の医学会は、すでに「ブドウ糖よりもケトン体のほうが脳にとって優れたエネルギー源である」という見解で統一されつつあります。

僕にとっては、手ぶらとか、引き出しがないという状態こそが大切。その方が新鮮にいろいろなことを考えられますから。

僕はよく「幽体離脱」という言葉を使うのですが、幽体離脱して上空から第三者的に見て、どういうふうに聞き手が感じているかを意識しています。聞いている人が上司に上げる情景もイメージします。恐らく簡単スッキリとか、ストーリーとか情熱というのは、必要条件。十分条件は、話をするときに聞き手をイメージするということ。そこで圧倒的に、伝わる、伝わらないの差が生まれると思うんです。

本社が100の売上予算を付けたのに、実績は80%だったとします。しかし、結果を見て営業部隊を叱咤する前に、商品と施策と資金の裏付けが100にふさわしいだけあったのかと考えます。もし商品(ラインナップ)などの準備が80しかないとしたら、マイナス20の責任は本社にある。100を売るためには、100の裏付けをしないとダメだということです。

小学校に作文の授業はあっても、いまの先生はただ「思った通りに書きなさい」としか指導しません。自由に書かせるのが、個性重視の教育だと思っているのかもしれません。しかし、好き勝手に書いていても論理的な文章なんて、永久に書けるようになるわけがありません。

過去は取り返せないのだから、失敗した原因だけをしっかりつかんで、あとはいっさい考えない。考えてもしょうがないのだから、今やるべきことに集中すること。それでも、頭に浮かんできてしまうものもある。それは留めない。留めると、どうしようかと考えてしまうので、浮かんだものを流す感覚です。

人を用いるには、すべからくその長ずる所を取るべし。人それぞれに長ずる所あり、何事も一人に備わらんことを求むることなかれ。
【覚え書き|万能の人を求めるより、部下の長所を組み合わせて活用しろという発言】

ページの先頭へ