ジャック・ウェルチの名言・格言|人間は危機にならないと現状に安住しようとする

このエントリーをはてなブックマークに追加

危機がなければ、人間はどれほど現状に安住することか。実際、あなたの会社のような官僚主義的な組織はぬるま湯のように心地よく、社員は決してそこから出ようとしません。ましてや冷たい水に飛び込みたいという欲求は少しも持っていないでしょう。社員は飛び込もうとしないのですから、背中を押してやる必要があります。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たとえば、妻は子供向け教育番組の中で音楽に癒されるとか、戦隊ものの番組に出てくる若手イケメン俳優に注目していることを知る。そうした情報から子供向け番組が、じつは「子供とお母さん」の両方をターゲットにしていることに気づけるようになれば素晴らしい。

手を打たなければならないなら、追い詰められてから慌てるよりも前もって準備して手を打った方が良い。対策が遅れれば遅れるほど、それを是正するためのコストは多く掛かる。

人はイライラして焦れば焦るほど、結果がついてこなくなるものなのです。池に浮かんでいるゴムボールを取ろうとして水面をバタバタと叩けば叩くほど、ボールは遠くに行ってしまうのと同じです。会社から与えられたノルマなんて、いったん忘れてしまう。そして、自分が本来やるべきことに集中しましょう。

私の自由になる時間は朝の通勤の車の中だけです。1時間10分から20分ほどの時間ですが、この時間帯は絶対に携帯電話を使いません。集中して半期先、一年先のことを考えています。

スマートフォンの時代に入り、ほとんどのサービスがアプリケーションソフトで実現するようになりました。プレーヤー数が増えるとともに多様化、グローバル化するようになりました。しかし、NTTグループ内には、まだ自らがメインプレーヤーであるという意識が根強く残っています。残念ながらこれは時代錯誤です。我々は「One of Them(大勢の中の一人)」に過ぎないという自覚を持つ必要があります。

常識にとらわれず、お客様が何を求めておられるのか、相手の立場から俯瞰する、読み取る力、感じる力が大切です。そのために現場に立ち続けてきました。

東芝の常務から東芝EMIの社長になられた高宮昇さんからは、多くの面で教えられることがありました。とりわけ仕事に関しては、一途に、誠実に、さらに厳しくということを、高宮さんの背中から学んだ気がします。

ページの先頭へ