ジャック・ウェルチの名言・格言|組織の変化を加速させる2つのアクション

このエントリーをはてなブックマークに追加

組織の変化を加速させる2つのアクション

  1. 変化が必要だという主張を全面的に受け入れており、他の人々にそれを広める活動を行う人々だけを採用、昇進させる。
  2. 抵抗者をうまく辞めさせる方向で動く。抵抗者の中には素晴らしい仕事をする人もいるでしょうが、彼らはどこか他のところで働くべきなのです。

ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

42歳で飲食業に飛び込んで、焦りはまったく考えていませんでした。人より遅いという意識は、周りと比較して生まれるものです。でも、本当に自分がやりたいことが見つかったら、周りを気にする余裕はないですよ。

富良野に移住したのは1977年のこと。豊かさに対する不安があったからです。ちょうどバブルが始まる頃で、テレビの仕事をしていたかな。生活が豊かになるのはうれしいけど、こんなに豊かになっちゃっていいんだろうかという不安感がすごくあってね。

本気で考え抜いた先にこそ、素晴らしい案が出る。

発想を生み出すためのノートに求められる要件は3つです。

  1. ムダ書きができること。発想にも助走は必要です。そこで、何も考えずに書きだせる構造になっていることが重要になります。
  2. いざアイデアを思いついたら、「自由に駆ける(書ける)」こと。せっかく頭のなかでアイデアが広がっても、どんどん書き進んでいけるノートでなければ、発想はすぐに消えてしまいます。
  3. 要素(単語や短いフレーズ)に切り分けて書くこと。要素に切り分けて書くと、亜流や別バージョンを生みやすくなります。

航空機整備を皮切りに、内装品でギャレー(機内キッチン)、化粧室と展開してきて、トップシェアの一角に入った。ここでシェアを-段と伸ばすのは容易ではない。次の成長の柱として、これまでの経験や信頼性が生かせる事業としてシートに着目した。技術力で勝負しやすいプレミアムクラスのシートから始めたが、やがてはコストが問われるエコノミーも視野に入れる。軌道に乗れば収益貢献も本格化する。航空機内装品の総合メーカーとしての立ち位置を確立し、買収を重ねて巨大化した欧米の競合とは違った方法で生き残る。

やりたいのはチャレンジと探求。人生に飽きたくないです。またそんな自分を含めた「人間」というシステムへの興味も尽きません。その交点として、ロボットは凄く良い題材なのです。

自分と異なる考え方を持つ部下がいたほうがいいのです。違いを受け止め、上手に生かしていくことが、上司の度量を広げるのです。

ページの先頭へ