ジャック・ウェルチの名言・格言|グローバルに競争できる企業に必要なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルに競争できる組織は、フラットで、迅速で、透明性が高くなければなりません。非公式の率直なコミュニケーションが欠かせません。社員は会社の内外で絶えずベスト・プラクティス(最善の手法)を探し求めるべし、という考え方が絶対的に必要です。


ジャック・ウェルチ の経歴

ジャック・ウェルチ。米国の経営者。「ゼネラルエレクトリック(GE)」CEO。ボストン大学卒業後GEに入社。生え抜きとして出世の階段を上がる。1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれた。業績低迷にあえいでいたGEを人員の大量解雇と不採算部門の整理統合で蘇らせた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中に役に立つことを何か変えていきたいといった思いがある人たちに接すると新たな気づきが得られます。

自分のビジネスをPRすること。隠れていては誰も見つけてくれない。どんな仕事でも社会の支持が必要なら、注目を集めるようなPRをすべきだ。私がビジネスで何らかの成功を収めたとすれば、それはPRのおかげである。PRのいらない職業などないだろう。

日本発ではなく各エリア発でニッチトップにならなければ、本当のグローバル化ではありません。そのため、いままさにグローバル化のセカンドステージを歩もうとしています。

従来のやり方では、計画を作るまでが全体の99%でした。出来上がったらヘトヘトになって、「ああ、終わった」と言っていたぐらいです。それに対し、今回は計画を作るまでが全体の5%で、それを現場に落とし込み、実行に移すまでが95%です。

街の中の良い店やおいしい店は、イコール際コーポレーションが手掛けた店といわれるようになりたい。

まずは自分を「残業をしない人」と職場で印象付けることです。そのためには、こそこそではなく思い切って、毎日堂々と帰る姿を見せるようにすることです。もちろんそれだけでは、単に仕事をしないダメ人間と思われるので、やるべき仕事をこなしたうえで、プラスアルファの成果を見せる必要があるでしょう。

「日本がどう見られているのか、日本はどうすべきか」といった感覚は小学生から身につけてほしい。小さい時から易しい言葉で理解しておくと、後は道具である英語や専門性さえ勉強すればグローバル人材になれます。

ページの先頭へ