フィニアス・バーナムの名言・格言|自分の性格を冷静に観察して、自分に合った職業や商売を選べ

私なども、たとえば商人としては絶対成功していなかっただろう。実際、何度かやってみたがダメだった。私は山師のような性分なので、毎日決まった給料をもらうようなサラリーマン的な生活は耐えられなかった。もちろん、私とは正反対に毎月安定した収入がなければ嫌だという人も世の中にはたくさんいる。自分に合わない仕事は避けたほうがいい。

フィニアス・バーナム(P・T・バーナム) の経歴

フィニアス・テイラー・バーナム。P・T・バーナム。19世紀アメリカの興行師。現在のサーカス形式の基礎を作った人物の一人。三面舞台形式のサーカスを世界で初めて開いた。そのほか多くの商売を行い、新聞発行者、都市ディベロッパーなどを手がけた。ユーモラスなホラ話のスピーカーとしても好評を博した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

前提を揃えれば、コミュニケーションのズレが解消され、人間関係も改善されるはずです。

同級生に会うと、何となく話が合いませんね。定年を迎えて、魚釣りや山登りぐらいしかやることがない。だから話題は「昔はこうだったよな」という話ばかり。こっちは次の連載をどうするかとか、考えることがいっぱいあって、昔を思い出している暇はありません。

たとえ断片的な情報収集しかできなかったとしても、それによってその分野に好奇心が持てれば、のちの吸収力が断然違ってきます。この好奇心というのが、新しいことを学ぶ際には大変重要なのです。

半端な仕事はやっちゃいけないですね。それは本当に思います。

米国勢より値段が高くてもいいと言っています。米国の農家にとって、200馬力級のトラクターというのは、2台目のクルマを買うような感覚です。ブランドが浸透すれば、高くても売れるはずなのです。

たくさんの方の意見の集合が良いものを生む。

私自身、辛いときほど、原理原則を徹底してきました。

どんな物事もその存在は相対的。異なる立場から見れば、その姿はまるで違ったものに見える。白黒や善悪を峻別するのは容易なことではない。

「どうしたら、相手を動かせるか」ではなく、相手になりきって「どんなふうに働きかけられたら、自分(相手)は動くだろうか」と想像する方が、成果を得やすい。

人と比べてどうかではなく、小さな成功体験の積み重ねの先にあるものを目指して自分を信じてやってみること。

ページの先頭へ