泉谷直木の名言・格言|成熟期の販促はお客様を愛するところからはじまる

このエントリーをはてなブックマークに追加

成長期には「LOVE ME」でよかった。全体が伸びている中では、宣伝にしても販促のPOPにしても、自分のことを前面に打ち出し「私を愛して」とアピールすれば効果が出た。ところが成熟期に入ると、お客様に積極的に「(I)LOVE YOU」と発信していかないとダメなんです。「お客様を愛しています。だからこう貢献します」ということです。


泉谷直木 の経歴

泉谷直木、いずみや・なおき。日本の経営者。「アサヒグループホールディングス」社長・会長。京都府出身。京都産業大学法学部卒業後、アサヒビールに入社。広報部長、経営戦略部長、取締役、常務酒類本部長、専務を経てアサヒビール社長。その後、アサヒグループホールディングス社長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

農業にしても、新しい産業にしていこうという志のある人に任せなければ、今後発展していかない。

大切なのは「明確な目標」と、「達成するための覚悟」。明確な目標と、何が何でも叶えたいという執着があったから乗り越えられた。

「足るを知る」とは、「自分より上の人と比べるな」ということです。収入も上と比べればきりがない。大切なのは、自分にとって何が幸せかであり、お金だけを基準にして働かない。そのとき、心の報酬になるのは仕事のやりがいです。

事業責任者と企業家の違いは、「人集め」。社内だと、メンバーを口説かなくても役員が調整すれば最初のチームは作れます。しかし、自らチームを作るという概念を持っていないと0から1を作る部分は上手くいかない。現在は事業責任者が社内でメンバーを口説いて、本人が望んだら異動させています。

マイクロソフトは、長期的視野でものを見る。未来の方向性を見極めつつ、現時点での製品開発でも後れを取らないように、研究開発に莫大な投資をしている。業界での重要な位置を保ちながら、需要に応じた新しいビジネスモデルへの転換を成功させるのは、どんな企業にとっても大きな挑戦だろう。

会社の運営に関して、私は直接費と間接費の割合は9:1が適正だと考えています。業種に関わらず、普通は7:3が一般的です。私の計算では、7:3と9:1では30数%も利益が違ってくる。要するに原価が3割安くなる。これだけ違うとかなり優位に立てます。

一人の教祖を盲信して痛い目に合わないため、ある程度、自分で勉強する必要があります。

ページの先頭へ