泉谷直木の名言・格言|成熟期の販促はお客様を愛するところからはじまる

成長期には「LOVE ME」でよかった。全体が伸びている中では、宣伝にしても販促のPOPにしても、自分のことを前面に打ち出し「私を愛して」とアピールすれば効果が出た。ところが成熟期に入ると、お客様に積極的に「(I)LOVE YOU」と発信していかないとダメなんです。「お客様を愛しています。だからこう貢献します」ということです。

泉谷直木 の経歴

泉谷直木、いずみや・なおき。日本の経営者。「アサヒグループホールディングス」社長・会長。京都府出身。京都産業大学法学部卒業後、アサヒビールに入社。広報部長、経営戦略部長、取締役、常務酒類本部長、専務を経てアサヒビール社長。その後、アサヒグループホールディングス社長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チャレンジすれば失敗の確率も出てきます。ただ、失敗から学ぶことは非常に大きいですから、そこから新しいものが出来上がっていけば良い。

顧客ニーズの変化の手がかりにしているのが、お客様アンケートです。その中には、顧客が求める良いサービスとは何なのかを考えるためのヒントがたくさん詰まっています。

いまの日本は秀でた人物を皆で育てるのではなく、皆で足を引っ張る国になっている。政治の世界もそうです。でも、僕らが政治についてどうこう言っていても仕方がないので、自分たちにできることを考える。そうすると、優秀な人たちをこちらから見つけに行くという発想が生まれるわけです。

「信じる」というのは、1番のキーワードだ。僕はインターネットの力を強く信じている。インターネットは人類史に残る素晴らしい発明だ。その力を日本中に届けるのが、僕たちの使命だ。

昔はひとつのものを追究することが美徳とされてきました。でも、確変(確率変動)モードの世の中では、今日売れていたものが、明日突然売れなくなるリスクがあります。その点、仕事が二つ以上あれば、リスクも分散できます。二つ以上の仕事を持つことは、サバイバルのためにも必要なスタイルなんです。

フォームの定まらないトップアスリートなどいない。日々の素振りを重ねるのだ。そうしているうちに自分の考え方の向き不向きや好き嫌いが体感できるようになる。人間は自分にふさわしいようにしか動けないものだ。

僕は前衛的なんていうラベルはそれ自体が敗北だと思うんだ。前衛派の展覧会というのがあるよね。前衛派が展覧会を開けるというそのこと自体が前衛の目的をつぶしちまっている。つまりもう形式化され、儀式化された以上、それは前衛ではない。

「勇気あるね」「よく独立したよね」と、いまだに言われます。でも、私には大きな決断をした実感はないんです。覚悟は必要でしたが、迷いや不安はなく、いまの道を選びましたから。私の転機は独立ではなく「舞台との出会いそのもの」ですから。それくらいに舞台との出会いは特別で、その後の流れは必然だったような気がします。

負けたとき、うまくいかなかったときこそ選手に声をかけるように心がけています。

逃げをまわりに相談すると、「同じことの繰り返しになる」とか、「自分が弱いからいけない」と否定されることがあります。まわりに理解してくれる人がいないなら、ネットの向こうにいる、自分と気が合う人に相談すればいい。5人くらいに相談すれば、客観的な意見が聞けて判断しやすくなるはず。

ページの先頭へ