村岡恵理の名言|凛とした静かな冬の夜空をひとり眺めていると、またたく星が何かを告げてくれそうな、そんな気さえしてくる

一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり。そして、人生の計について深く思索するには、今の季節がやはり適していると思います。凛とした静かな冬の夜空をひとり眺めていると、またたく星が何かを告げてくれそうな、そんな気さえしてきます。

村岡恵理 の経歴

村岡恵理、むらおか・えり。日本の作家。東京出身。成城大学文芸学部卒業。著書に『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題が発生したときに、「なぜ問題が起きたのか?」と原因追究からはじめ、「どうするか?」はそのあとに考える人がほとんどです。実際そのような指導を上司から受けることもあるでしょう。もちろんそれも一理ありますが、本当に稼げる人は「どうすればできるか?」を先に考えているのです。

世間から後ろ指を指されないようにし、悟ったような顔をしながら、内心では「ああもっと儲けられるのになぁ」と歯ぎしりしているのが、日本のビジネスマンである。儲けられるだけ儲ける。私のこのビジネス哲学はユダヤの商法から発している。

毎日、ただ会社に行って過ごしているのでは、いい人生は得られない。

営業マンとしての自分の特徴はどうすれば把握できるのか。まずは、そもそも自分がどんな人にどんな価値を提供したくて、いまの営業の仕事に携わっているのか、誰にどのように喜んでほしくて、いまの商品を売っているのか、そうした営業の仕事への思い入れについて、改めて書き出してみることである。

いくつになってもわからないものが人生というものである。わからない人生を、わかったようなつもりで歩むほど危険なことはない。

セブンイレブンの場合、総店舗数は約1万6000店近くあり、日々の生産量は膨大です。弁当やパン、総菜などのデイリー商品の生産を担うのは共同開発するベンダーと呼ばれるメーカーの工場です。その専用工場率は90%以上で、他チェーンとは圧倒的な開きがあります。この高い専用工場率が質の高さを支えているのです。そしてドミナント方式なら、出店エリア近くに専用工場をつくっても経営が成り立つのです。

毎日、「辞めろ」と言われ続けました。辞めるのは簡単ですが、経営を立て直すのが仕事である経営者がここで辞めたのでは、あまりにも無責任だと思ったんです。「軌道に乗るまでは絶対にやめるな」というのが周囲の大半の意見でしたし、僕自身もそう思いました。
【覚書き|日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の合併後、大きなシステムトラブルが起きた当時を振り返っての発言】

私はどんなに忙しくても、話しかけにくいオーラを出さないように心がけています。感情の波が激しく、部下に「今日は機嫌が悪そうだから報告はやめておこう」と顔色を窺わせる上司などは論外です。

早めに提出した方がフィードバックを受けやすい。僕は単純に仕事が早くできたわけじゃなくて、自分が楽をするために、できる範囲でさっさと出しちゃう。ただそこで1つ必要になってくるのは、チャチなプライドを捨てること。「おまえそんなのしかできていないのか」と言われる可能性もありますが、そこは甘んじて受け入れます。後は、早く返した方が、クオリティが少し低くても許してもらえるんじゃないかという、弱い気持ちなんですよ。さっさと提出していたら、先方も「ここはもっとこうして欲しいな」と言える余裕がありますし、こっちにとっても楽ですよね。

伸びる人は何事にも一生懸命に続けていける人。そして、自分の頭で考え、行動できる人。

ページの先頭へ