長谷川滋利の名言|周囲の人のピンチは、その人との距離を縮める絶好のチャンス

メジャーリーグには毎年、世界中からたくさんの新人選手がやってきます。最初はチームに馴染めず、日常生活にも苦労する選手が少なくありません。チップの払い方にさえ戸惑う選手もいる。私も渡米した頃はそうでしたから、彼らの気持ちがよく分かります。だから誰かを見て、「困っているな」と思ったら、自分から声をかけるように心がけていました。周囲の人のピンチは、その人との距離を縮める絶好のチャンスです。

長谷川滋利 の経歴

長谷川滋利、はせがわ・しげとし。日本のプロ野球選手。兵庫県出身。東洋大学附属姫路高等学校野球部時代、甲子園に3度出場。立命館大学野球部でエースとして活躍。大学卒業後、ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。その後、メジャーリーグに挑戦し、アナハイム・エンゼルス、シアトル・マリナーズなどで活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いずれニューヨークやミラノ、パリにも出店したいと考えています。これも自分の野望のためではなく、世界に通じる料理人を育てたい思いからです。

坂本孝の名言|世界に通じる料理人を育てたい


相手の本音を読むには、まず相手の目をよく見ること、全身が発しているメッセージを受け止めること。それには「私が相手だったら、どう考えるだろう」と想像しながら話すこと。そして何より、あなた自身が正直で誠実であること。

永江朗の名言|相手の本音を読むには


全社員が共有する価値観や行動様式を掲げる会社は珍しくありませんし、当社のバリュー(重視する価値観・行動様式)が斬新とも思っていません。他社と大きな違いがあるとすれば、バリューの実践を徹底し、決して有名無実な標語にしていない点ではないでしょうか。バリューを3つに絞った理由も、社員の皆にスッと覚えてもらうためですから。

小泉文明の名言|他社と大きな違いは、バリューの実践を徹底し、決して有名無実な標語にしていない点


報告の遅れを叱る上司は多いですね。しかし、部下の報告が遅れて問題が拡大した場合は「君は自分の力でやろうとしたんだな。結果としてうまくいかなかったが、その気持ちはよくわかる。今後とも頑張ってくれ」と言わなくてはいけません。「なんでこんなことになるまで報告しなかったんだ!」と叱ったら、次から何でも報告とおうかがいが上がってきます。結果、部下は何も考えなくなり、能力が下がっていくのです。

田母神俊雄の名言|部下が情報を上げやすい接し方を


勝算があったわけではありません。大きな目標と条件を掲げ、それに向かって挑戦してくのが私流のやり方です。

高田明の名言|大きな目標と条件を掲げ、それに向かって挑戦してくのが私流のやり方


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ