横須賀てるひさの名言|資格は、しっかり意図を持って選ぶ

挑戦する資格を決める前に、まずは、資格をどんな形で使うのかを考えることが重要です。一口に資格で収入を上げると言っても、「資格を副業に使う形」「資格を会社の仕事に活かして年収アップにつなげる形」、そして「資格を転職に活かしてキャリアアップを狙う形」があります。漠然と資格を選んでしまうと収入アップにつながらない可能性も高いので、しっかり意図を持って選びましょう。

横須賀てるひさ(横須賀輝尚) の経歴

横須賀てるひさ、よこすか・てるひさ。日本の行政書士、資格コンサルタント。23歳で行政書士事務所を開設。著書に『資格起業家になる! 成功できる「超高収益ビジネスモデル」のつくり方』『ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社でのつながりとは違って、地域での人間関係は損得勘定抜き。仕事にどっぷり浸かっていた人は、新しい、これまでと種類の違う人間関係をつくらなければいけなくなる。

高橋紘士の名言|地域での人間関係は損得勘定抜き


これならできそうと思えることから少しずつ始めて継続すれば、行動パターンは必ず変わります。

石原加受子の名言|行動パターンを変える第一歩


失敗はいまだにします。うまくタイミングをつかめなかったり、トークがスベったり、とっさにうまく返せなかったりして、落ち込むことはあります。そんなときは、次の仕事で取り戻すしかありません。

大久保佳代子の名言|失敗は次の仕事で取り戻すしかない


パナソニックの創業者の松下幸之助は、学校教育は小学校4年までしか受けていません。でも、学ぶことに貪欲で、どんな人からも知識を吸収しようとする人でした。自分よりずっと若い人や人生経験の少ない人からも、進んで何かを学ぼうとしていました。

松下正幸の名言|どんな人からも知識を吸収しようとする


歴史小説を読むときには、腰をじっくりと落ち着けて、登場人物になったつもりで「自分ならどうするか」と意識しながら読んでほしい。簡単なことではない。だが、そこで得られた気づきがきっかけになって、日常生活の自分の行動に変化が出ればしめたものだ。

加来耕三の名言|歴史小説を読むときの心得


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ