臼井由妃の名言|「これだけは」という1つだけを伝える

早口なタイプはマジメな人が多いですね。あれもこれも伝えなくてはと思ってしまうのが原因です。でも早口でまくしたててはかえって伝わらず、心の距離は縮まりません。そんな人は、10言いたいことがあっても、そのなかの「これだけは」という1つだけ伝えるようにしましょう。初対面の相手なら、自分の名前と何かもう一つだけを伝える。それなら確実に伝わるし、余韻を残すことで相手に「また会ってもっと知りたい」と思ってもらえます。

臼井由妃 の経歴

臼井由妃、うすい・ゆき。日本の経営者、健康医科学博士、発明家。健康プラザコーワ代表取締役。東京出身。東京家政学院短期大学家政学部卒業後、様々な職業を経験したのち、33歳年上の男性と結婚。病気で一線を退いた夫の代わりに健康器具販売会社経営に取り組む。健康医科学博士号、MBA、理学博士を取得し、社長に転身。5年で売上100億円を達成した。日本テレビ系のマネーの虎に出資者側として出演した。主な著書に『1週間は金曜日から始めなさい 仕事と人生が楽しくなる時間活用術』『8割捨てたら仕事は9割うまくいく』『仕事の8割は人に任せなさい! 』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

市内は都市銀行が強く、ちっぽけな当行は残念ながら知名度も低く、正直「どこの銀行や」と言われるようなことも多々ありました。そこで失礼ながら、当時はまだ創業間もないベンチャー企業さんたちとの取引を進めていったわけです。見方によっては行く道が限られていたともいえるんですね。お陰さまで、結果的にそういったベンチャー企業が世界的な企業となり、私どもの先輩たちの苦労が大きく実を結んだわけです。

高崎秀夫の名言|大手が扱わない分野に進む


いまに西ノ京原町一になるな、原町一になったら中京区一や、その次は京都一やで。そして日本一までいったら世界一を目指そうな。
【覚え書き|創業当時、従業員に語った言葉】

稲盛和夫の名言|いまに西ノ京原町一になるな、原町一になったら中京区一や、その次は京都一やで


「政策的または地政学的な不確実性は、グローバル経済では当たり前」と受け入れることが重要です。企業はもはや、不確実性のなかで生きていくしかありません。

ヴィンセント・スミスの名言|企業はもはや、不確実性のなかで生きていくしかない


やっぱり人間は、他人に認められるのが一番嬉しいんですよ。お金を儲けたり、偉くなったりするのもいいかもしれないですけどね。人の役に立っている、認められているっていうのが一番気持ちいいことなんですよ。

中鉢良治の名言|人間は、他人に認められるのが一番嬉しい


昔から立派な人物で、心身を労して世のために尽くした人は、少なくありません。今日、そうした人物の心中を推測しますと、衣食住の豊かさだけで満足した人とは思われません。人間交際の義務を重んじて志したのは、高遠な理想にあったのです。

福沢諭吉の名言|立派な人物を動かしたのは高遠な理想


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ