澤田秀雄の名言|明確な基準、分かりやすい根拠を示す

「分かりやすい根拠」を示して、改善を促しています。「これを変えて」と上から指示しても、「根拠もなく言っている」と不満が募り、士気が下がって負け癖につながるんです。具体的には、サービスやイベントについてお客様からアンケートを取り、それを点数化。その点数をもとにサービスの改善や廃止を決めています。5点満点中、4.5点以上は「文句なしにいい」、3.5未満は「そのイベントを廃止する」と、明確な基準を設けています。お客様の声を点数として可視化しているわけですから、イベントやサービスの改善・廃止が決まっても、誰も文句を言いません。推進力をもって変革できるのです。

澤田秀雄 の経歴

澤田秀雄、さわだ・ひでお。旅行会社HISの創業者。高校卒業後、ドイツのマインツ大学に留学し、ヨーロッパを旅してまわる。帰国後、HISの前身であるインターナショナル・ツアーズを創業し、格安航空券を個人に販売し大成功を収める。その後、航空会社スカイマークエアラインズを設立や、ハウステンボスの経営再建に成功するなど、同社を総合旅行企業へと成長させた経営者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

とにかく一度来てもらうには、名前をキャッチーにして、顧客に興味を持ってもらわないといけない。

松村厚久の名言|顧客に興味を持ってもらわないといけない


僕は、説得で変わる人間なんていないと思っているんです。だから部下に対する会話でも、頭ごなしに命令するのではなくて、自分で気づくように持っていくことを意識しています。それにはやはり、相手のペースに合わせるのが一番なんです。

上野和典の名言|頭ごなしの命令より、自分で気づかせることが大切


勉強の目標というよりも、自分がどういうキャリアを積みたいかをまず考えるべきでしょう。ビジネスマンが勉強する目的は、大きく分けて3つあると思います。「社内で出世したい」「転職してキャリアアップしたい」、もしくは「独立開業したい」。そのなかでどれをやりたいかを決めたうえで、何を学ぶかを考えた方がいいと思います。

藤井孝一の名言|勉強するときは、なにんがやりたいかを考えてから、何を学ぶか選ぶ


すべての人が何かの世界チャンピオンになれるわけではないが、自分に可能なかぎりの最高点に向かって努力することはできる。それが最初の一歩であり、日々の責任である。

ドナルド・トランプの名言|自分に可能なかぎりの最高点に向かって努力することはできる


プロレスラーはプロレスを通して、生き様を見せているんですよね。人生って攻めるときもあれば、やられるときもあるし、勝つときも、負けるときもある。お客さんは、プロレスラーの見せるものを、自分の生活に置き換える。そして、最後まで諦めないプロレスラーを見て「今日はダメだったけれど、自分も明日はもうちょっとできるかもしれない」と、元気になるのだと思う。

棚橋弘至の名言|プロレスラーはプロレスを通して、生き様を見せている


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ