澤田秀雄の名言|今すぐ誰でもできることで結果を出し、負け癖体質を少しずつ変える

ハウステンボスの再建をはじめたとき、社員たちは元気がなかったですね。社内の雰囲気もとても暗かった。18年間ずっと赤字ということは、「ボーナスが出ない」「給料も上がらない」「優秀な人材も去っている」ということ。社長が9回も代わっていますし、「頑張っても黒字にならない」という諦めが蔓延していた。明るくなれるわけがなく、負け癖がついている状態でした。私が意識したのは、とにかく分かりやすく、すぐに実行できる「働き方の改革案」を提示し、現場の雰囲気を変えること。難しい話をしても、簡単には伝わりません。今すぐ誰でもできることで結果を出し、負け癖体質を少しずつ変えようと考えました。具体的に求めたのは3つの働き方です。「出勤後15分の掃除」「嘘でもいいから明るく振る舞う」「早く歩く」。この3つを実践すれば黒字になると訴えました。最初は皆、狐につままれたような顔でしたよ(笑)。でも「騙されたと思ってやってみなさい」と。

澤田秀雄 の経歴

澤田秀雄、さわだ・ひでお。旅行会社HISの創業者。高校卒業後、ドイツのマインツ大学に留学し、ヨーロッパを旅してまわる。帰国後、HISの前身であるインターナショナル・ツアーズを創業し、格安航空券を個人に販売し大成功を収める。その後、航空会社スカイマークエアラインズを設立や、ハウステンボスの経営再建に成功するなど、同社を総合旅行企業へと成長させた経営者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社からは評価していただいていましたが、自分の貢献度が見えなかったんです。リサーチの仕事からステップアップして、自分もお金を稼ぐラインの仕事に就きたいと思いました。
【覚書き|シカゴの会計事務所を退社し、ヘレンカーチスに転職した理由について語った言葉】

浅香衣世の名言|自分の会社への貢献度について考えることの大切さ


トラウマだけでなく、たとえば初めて出会った人に抱く第一印象や、何かを始めようとする際に抱く「うまくいきそう」「失敗しそう」という予感なども、過去の記憶に知らず知らずのうちに影響されています。つまり、人間とは、過去の記憶でできているのです。ならば、記憶を変えれば自分を変えることも可能になるのです。どんな過去であっても、それ自体に固定された意味はありません。それをどう捉えるかはあなたの心次第。

佐藤康行の名言|人間とは、過去の記憶でできている


普通の人が健康を害するのは、多くの場合長い間の小さな不養生の積み重ねから来るので、怪我などとは違う。病気になったからといって、一気に治そうとすることは虫がよすぎる話で、やはり同じくらいの期間をかけて根治さすのが自然の摂理のように思う。2、3年の積み重なった経済のひずむでも、一気に吹き飛ばそうとするのも無理を生じやすいであろうと思われる。

佐藤喜一郎の名言|健康も経済も不養生の積み重ね


仕事ばかりで家族や友人との大切な時間や自分の時間を持てないようなスタッフが、サステイナビリティーを追求する長期的な業務に能動的に取り組めるとは思えないんです。だからこそスタッフそれぞれの個性を尊重した仕事のやり方を心がけたい。

石森康一郎の名言|スタッフそれぞれの個性を尊重した仕事のやり方を心がけたい


風通しをよくするということは、部下の言うことをよく聞くということ。

前原金一の名言|風通しをよくするということは、部下の言うことをよく聞くということ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ