荒木香織の名言|徹底したのが「日本代表として、世界と戦うことを意識する」こと

ラグビー日本代表のメンタルコーチとして、1年目に立てた目標は「勝ちの文化を作る」こと。つまり、結果を出すために、モチベーションを常に高く保つこと。そこで、徹底したのが「日本代表として、世界と戦うことを意識する」ことです。それまでチームは、「日本代表」として勝った経験がなかった。国にもっと誇りを持ち、国を代表する自分たちに自信を持ってほしいと考えました。そこで注目したのが「国歌斉唱」です。強豪チームは試合前、涙を流しながら大きな声で国歌を歌い、自分たちを奮い立たせている。一方、日本チームは国歌が流れている間、下を向き、歌っていない選手もいた。ここに差があると、選手との話し合いの中で気が付いたんです。

荒木香織 の経歴

荒木香織、あらき・かおり。日本のメンタルコーチ、スポーツ科学博士。「園田学園女子大学人間健康学部」教授。京都府出身。日本大学文理学部卒業、ノーザンアイオワ大学修了、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校博士課程修了。園田学園女子大学人間健康学部教授、ラグビー日本代表メンタルコーチを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下が企画を持ち込んできたときに、企画内容が面白いのであれば、「これ、面白いよね」「できたら最高だね」「わくわくするよね」と、まずはモチベーションを上げる言葉で、部下のやる気を高めることが大事だ。そんな前向きな言葉をかけてくれる上司のところには、斬新な企画提案が増えるし、メンバーのやる気が高まり、成功の確率も上がるはずだ。

山崎将志の名言|部下から斬新な企画を出させるには


大学を出て仕事に就いたばかりのころは、「一番難しいことをやろう。誰もやり遂げていないことをやろう」と思っていました。子供のころから劣等感の塊だったから、とにかく人ができないことを成し遂げたいわけです。そうじゃないと、人に認めてもらえない気がして。1から5までの道があるとすると、一番難しい5の道を選ぶというのが僕のスタイル。

見城徹の名言|一番難しい道を選ぶというのが僕のスタイル


多くの人はすぐに儲けたいと考え、待つことができない。でも、億万長者は、目先の利益にとらわれず、後で大きな果実を得られることが多い。

鳥居祐一の名言|億万長者は、目先の利益にとらわれず、後で大きな果実を得られることが多い


富裕層は「相手にどう見られるか」という視点でファッションを選ぶ。一番大切なのは信用力だ。それゆえ、落ち着いたファッションで身を固め、「財力があるのに、それをひけらかさない堅実な人だ」と思ってもらえるように心がける。つまり、富裕層にとってはファッションでさえ、自分の評価を高めるための一種の投資なのだ。

冨田和成の名言|富裕層にとってはファッションでさえ、自分の評価を高めるための一種の投資


4年では、任期中に目に見える成果を出そうと無理な経営に走ることはありません。「歴代社長は誰が何をやったか」などと考えないのが三菱電機です。社長の名前は知らないけれど業績はいい。それがいい会社だと思います。

山西健一郎の名言|社長の名前は知らないけれど業績はいい。それがいい会社


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ