橘玲の名言|人間関係は想像以上に誤解や偏見に満ちている

何を脅威に感じるかは、容姿、学歴や仕事の能力など、人それぞれです。いったん脅威だと認識されてしまうと、相手は無意識にその人を排除しようとします。皆さんも仕事で成果を出しているのに、何故か上司につらく当たられた経験はありませんか? これは、誰が正しくて誰が間違っている、ということではありません。私たちは日常的に理不尽なジャッジをお互いにし合っているのです。人間関係は想像以上に誤解や偏見に満ちていると言えるでしょう。

橘玲 の経歴

橘玲、たちばな・あきら。日本の作家。早稲田大学第一文学部卒。主な著書に『マネーロンダリング』『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『世界にひとつしかない「黄金の人生設計」』『臆病者のための株入門』『貧乏はお金持ち 「雇われない生き方」で格差社会を逆転する』『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

みんなが頑張ってくれたお陰で業績はいい。でも安心してはいけない。会社が大きくなると官僚主義になる。そのためにもチャレンジをあえてつくって揺さぶっていく。

新浪剛史の名言|チャレンジをあえてつくって揺さぶっていく


起業したいと言ってしない若者たちの言い訳はだいたい「アイデアがない」「お金がない」。でも日本のベンチャーシーンでは、アイデアとお金はもはやコモディティです。足りないのは起業する人であり、「君なんだ」ということです。

並木裕太の名言|足りないのは起業する人


始める年齢によっても異なりますが、長期投資では最低10~20年間を意識してもらいたいですね。その理由は、3~5年程度の短い期間では景気循環の一部しか捉えられないからです。投資期間が長くなるほど、時間が味方になってくれます。世界経済の規模はジグザグの曲線を描きながらも基本的には上昇していくものですから。

小松原宰明の名言|投資期間が長くなるほど、時間が味方になってくれる


課長時代、私は部下によく言ったものです。「もっと大きな声でお客さんと電話をしろ。そしたら君の報告を受けなくても、何の問題が起こっているかわかるから」と。

石田孝の名言・格言|部下に気を配る


足元の事業環境は非常に好調です。都市再開発や商業施設の新設など東京五輪が開催される2020年までは建設需要が旺盛だとみています。しかし、その後は中長期的に国内市場の縮小は避けられない状況です。これまでのように、ビルをただ建設するだけでは経営が行き詰まることは目に見えています付加価値ある提案ができる会社への変身が必要です。次世代電力計(スマートメーター)を活用したオフィスビルでの節電実験を味の素などと協力して開始します。省エネに関するノウハウを集め、他のゼネコンにはない独自の強みとしていきたい。

井上和幸の名言|好調でも将来に向けて独自の強みをつくる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ