金田一秀穂の名言|罵倒語は、使われ続けるうちに意味がどんどん薄まっていくことがある

ややこしいことに、罵倒語は、使われ続けるうちに意味がどんどん薄まっていくことがあるんです。たとえば、日本語だと「クソ」。「畜生」「このやろう」といった意味で使われますが、単に舌打ちのような軽い意味で使われることも多い。「クソうまい!」とか「クソ面白い」とかいい意味になることすらある。同じように英語の「Fuck」も時に「Cool」といういい意味で使われることがありますね。つまり慣用句になっているわけです。使い続けるうちに、言葉に慣れてしまって、本来の意味が失われているんですね。

金田一秀穂 の経歴

金田一秀穂、きんだいち・ひでほ。日本の言語学者。「杏林大学外国語学部」教授。東京都出身。上智大学文学部心理学科卒業、東京外国語大学大学院博士課程修了。大連外国語学院日本語教師、ハーバード大学客員研究員などを経て杏林大学外国語学部教授。祖父は言語学者・金田一京助、父は国語学者・金田一春彦。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様のニーズに対応するための組織再編や、デジタライゼーションによる事業改革に取り組んでいくが、一方で「変えてはいけないこと」もある。銀行の原点は、信頼される「強い」存在でなければならないということ。そのためにも変革が必要だという強い思いで取り組んでいく。

あなたが営業職の場合、目的は営業成績を上げることです。立て板に水のトークで、顧客に商品の魅力をうまく説明したり、面白い話で笑わせたりすることではありません。伝え方や話し方、声の大きさといった表現方法が気になってしまいがちですが、それを気にしすぎて相手に肝心の内容がうまく伝わらなければ、本末転倒です。

マラソンは、私にとって自分の身体の調子を知るバロメーターです。42.195キロをどのように走りきることができるのか、また、そのためにどれだけ普段から準備できるのか、今ではホノルルマラソンに照準を合わせて体力づくりをしています。

人が嫉妬する裏には、自分がないがしろにされているという思いがあります。そういう人が相手の場合は、その人を自分に取り込んで、巻き込むくらいの度量を持つということが大事でしょう。

選手からの信頼を得たい、好かれたいなどという思いはない。私はただ選手を強くするのみ。

リスクを冷静に計りながら、思い切ってリスクを取る経営ができなければ、強さを再び手にすることも難しい。

昨年末、さる県の知事から電話があり、私のある行動に対して、日本を代表するたいへん有名な方のお名前が付いた賞を贈りたいという打診がありました。私は自分一人の業績ではないと申し上げ、辞退しました。栄誉なことですが、私には興味のないことなのです。私はただ自分の志に従って精進して活動しているのですから。

「夢なんて自分でも持てないのに、どうして部下に与えられるのですか」と聞いてくる人がいましたが、そんなに難しいことではありません。例えば、毎月3000万円の売り上げがある部のリーダーなら、「来月は5000万円、売ろう」とメンバーに声をかければいい。それが部の夢になるのです。メンバーが「どうすればいいのですか」と聞いてきたら、「それをみんなで考えよう」と言う。すると、アイデアを考えるようになる。そういう部署は面白くてやりがいがあります。

コンスタントに仕事があるということも協力会社が当社から離れなかった理由。

私には遊ぶ道楽がない。正直に言って、若いときから遊ぶほどの金も暇もなく、したがって、もっぱら商売を道楽と考えてきた。

ページの先頭へ