金田一秀穂の名言|罵倒語を冷静に見直してみると、人々が何に対して差別意識を持っているかが、あぶり出されてくる

罵倒語に選ばれている言葉を冷静に見直してみると、人々が何に対して差別意識を持っているかが、あぶり出されてきます。加えて、その時代、時代で、どんな事が罵倒語になるか、という考察も面白い。最近だと「使えない」なんて言葉がありますが、これを言われるとやっぱりキツいよね。機能的だったり便利なものがもてはやされる今だからこそ、こういう言われ方に、人は傷つくんでしょうね。

金田一秀穂 の経歴

金田一秀穂、きんだいち・ひでほ。日本の言語学者。「杏林大学外国語学部」教授。東京都出身。上智大学文学部心理学科卒業、東京外国語大学大学院博士課程修了。大連外国語学院日本語教師、ハーバード大学客員研究員などを経て杏林大学外国語学部教授。祖父は言語学者・金田一京助、父は国語学者・金田一春彦。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一晩徹夜をすると、簡単な判断を下すにも、ビール1本飲んだ状態と同じぐらい遅くなる。

内山真の名言|一晩徹夜をすると、ビール1本飲んだ状態と同じぐらい遅くなる


世界が大きな転換点に立つとき、次の時代を見通していく学問と同時に、それを支える人たち、自立した精神を持った人たちを育成していく必要がある。

鎌田薫の名言|自立した精神を持った人たちを育成していく必要がある


作り手が、どれだけ多くの視点で疑似体験できるかが、いいサービスを作るポイント。

村上太一の名言|いいサービスを作るポイント


起業の一歩を踏み出した瞬間から、予想外の出来事が次々にあなたを襲うでしょう。それを楽しいと思えるか、つらいと思うのか。前者であれば、あなたは起業家に向いていると思います。

後藤玄利の名言|起業家に向いている人、向いていない人の違い


できるビジネスパーソンほど、自分のメンツや意地にはこだわりません。たとえば、自分にはできないことは「できない」とはっきりといい、知ったかぶりをしたり、虚勢を張ったりしません。「できるふり」をしても、すぐに化けの皮がはがれ、周囲に見透かされてしまうことがわかっているからです。ですから、いざというときには自分の弱さをさらけだして、周囲の人たちの協力を得ながら、緊急事態を収拾できるのです。

下元朗の名言|できるビジネスパーソンほど自分のメンツにこだわらない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ