岩渕健輔の名言|こちらができることを示し、協力してもらう

日本代表チームの練習量、合宿日数を大幅に増やすうえで、特に協力を得る必要があったのは、選手が所属するチームです。長い期間、選手が代表合宿で不在になることはチーム強化上、当然難しいことです。しかし、「選手の活動状況を事細かに報告する」「希望するチームには代表側からコーチを派遣する」といった「代表チーム側ができること」を示し、協力してもらった。選手も最初は半信半疑でしたが、ハードメニューにより自分の変化を実感し、意欲的に取り組んでくれました。

岩渕健輔 の経歴

岩渕健輔、いわぶち・けんすけ。日本のラグビー選手、指導者。ラグビー日本代表ゼネラルマネージャー。東京出身。大学在学中、ラグビー日本代表に選ばれる。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。ケンブリッジ大学社会政治学部修士課程修了。サラセンズ(英国)などでプレーした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

キヤノンでもネットワークカメラを手掛けてはいましたが、まだまだ小さく、競争力を持ち得なかったこともあり、ネットワークカメラの世界最大手だったアクシスを買収することによって時間を買ったわけです。ネットワークカメラの需要は世界的に増加傾向にあり、キヤノンが自前で事業を育てるよりも、アクシスが持つ販売網やブランド力を活用した方が、世界の需要をいち早く取り込めると判断したのです。

御手洗冨士夫の名言|買収することで時間を買う


私も3歳くらいの頃から何となく音楽が好きになって、若い時から趣味でバンドをやったりしていました。音楽とは結構つながりがあったんです。ですが、医師になってからは仕事も忙しくなって、あまり音楽に触れる機会も無くなっていたんですね。ただ、昨年病気になって本当に自分が死んでしまうのではないかと考えた時があって、その時に過去に楽しかった思い出って音楽をやっている時だったなって思ったんです。そこから夢を持って音楽をやっている人たちを応援しようと考えるようになりました。

池田欣生の名言|夢を持ってやっている人たちを応援する


会議は、組織の意思決定を行う重要な場です。あらゆる場面でスピード化が求められる現在、その成否は、企業の浮沈を左右するといっても決して過言ではありません。会議や打ち合わせのやり方を再度見直して、無駄のない有意義な会議を目指しましょう。

山崎将志の名言|会議や打ち合わせのやり方を再度見直してみることの重要性


プロレスに元気がないのは時代の変化に対応できていないからです。プロレスはいま、総合格闘技とは違う独自の魅力を生み出さなきゃいけない変革期にあるんです。それなのに、変わろうとしない奴が多すぎる。変わるということは、自分のこれまでのプロレス観を否定しなきゃいけないということですからね。

小川直也の名言|変わるということは、これまでの否定から


経営は、毎日が自分との闘い。

黒川靖生の名言|経営は、毎日が自分との闘い


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ