岩渕健輔の名言|まずは勝つマインドを育む

これまでのラグビー日本代表は世界の強豪国に敗れても、「負けても善戦したからいい」という雰囲気がどこかにありました。象徴的だったのが、2012年6月、フランスの代表でもないあるクラブチームとの試合です。大差で負けてしまった。それでも試合後、「負けて悔しい」という悲壮感がなかった。ヘッドコーチのエディー・ジョーンズは試合後、「ファイトするところが見られなかった」「負け犬だ」と、檄を飛ばしました。つまり「戦う前から負けている」のが、当時の日本のラグビー界の実情で、勝利を目指すマインドがほとんどなかった。そこで勝つマインドを育むためにいくつかの取り組みをしました。そこで少しずつ、「自分たちは日本の代表であり、世界と戦い、勝たなければならない」気持ちが芽生えてきました。

岩渕健輔 の経歴

岩渕健輔、いわぶち・けんすけ。日本のラグビー選手、指導者。ラグビー日本代表ゼネラルマネージャー。東京出身。大学在学中、ラグビー日本代表に選ばれる。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、神戸製鋼所に入社。ケンブリッジ大学社会政治学部修士課程修了。サラセンズ(英国)などでプレーした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

事業であれば、きちんと中長期の計画を立てることも大切。これまで多くの土地オーナーの方を見てきましたが、うまくいっている方は共通して将来のシミュレーションを丁寧に行っています。

稲垣浩之の名言|うまくいっている方は共通して将来のシミュレーションを丁寧に行っている


我々は原価管理にものすごくシビアな会社です。ひとつひとつの商品の損益管理をしっかりやっています。そういうビジネスユニットさえしっかりしていれば、規模の問題ではないと思っています。

大山健太郎の名言|ひとつひとつの商品の損益管理をしっかりやる


組織のリーダーは、自らが良く思われたいという我執、とらわれの気持ちを捨てねばなりません。誤解してほしくないのですが、決して冷酷非情な人間になれと言いっているのではありません。いかなる状況においても、自分が率いる組織が達成しなければならない大義を見失わないだけの強さを持ってほしいということなのです。

川上哲治の名言・格言|リーダーは達成しなければならない大義を見失わない強さを持て


従来の「丸暗記」的な記憶法は、今後の時代にどれだけ役立つでしょうか。現在、たいていの情報や知識はネット検索で即座に呼び出すことができます。分厚い辞書や何冊もの百科事典の情報を、スマートフォンにそっくり入れられる時代でもあります。たくさん覚えることのできる人が「賢い」と言われた時代は終わりつつあります。脳は、辛い丸暗記作業から解放されつつある、とも言えます。つまるところ「記憶」という概念の意味そのものが変化しているのです。これまで丸暗記に使っていた脳の働きを、これからは別のことに活用すべきです。「経験の蓄積」という名の記憶を、具体的行動に結びつけることが大切です。

築山節の名言|たくさん覚えることのできる人が「賢い」と言われた時代は終わりつつある


英会話スクールの経営再建を任された当初、とにかく業界に関してまったくの素人でしたから、スクール経営のノウハウを知るために、成功している同業他社で働いたこともありました。そこで得たノウハウを、自分のスクールに戻って社員たちに教えたわけです。そうこうするうちにわかってきたのは、成功のカギは生徒募集にあるということ。

冨田英揮の名言|成功している同業他社で働いてみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ