中村獅童の名言|「日本人」というアイデンティティーを持ち、日本の伝統と文化を探求して、そこから革新を生み出していく

僕は舞台などで人前に立たせていただく立場。だからこそ、人が何を求めてきたかを過去から見つめ直し、そこから新しいメッセージを見いだし、どんな形で発信していけばいいか、考えることが欠かせません。「日本人」というアイデンティティーを持ち、日本の伝統と文化を探求して、そこから革新を生み出していく。そうすることで、世界で勝負したいと思っています。

中村獅童(二代目) の経歴

中村獅童(二代目)、なかむら・しどう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京出身。8歳で初舞台を踏む。日本大学藝術学部演劇学科を中退し本格的に歌舞伎の道に進む。映画俳優としても活躍し、数々の賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕はどこの会社のトップにも言うんです。社長会長で終わりじゃないぞ。引退したあと、花咲爺という、人生で一番楽しい時が待っているんだぞ、とね。

竹田和平の名言|引退したあと、花咲爺という、人生で一番楽しい時が待っている


土地に結びついて育まれた美術は、その土地で見るとより深く感じられる。ぜひ旅先で美術館に寄ってください。

根津公一の名言|土地に結びついて育まれた美術は、その土地で見るとより深く感じられる


すべきは、上司が大切にしている、仕事をしていくうえでの「型」をマネること。例えば、上司が営業先に向かう前に、セールストークのポイントを他の社員とは違うやり方でメモしていたとする。それが上司の「型」だ。それは仕事の進め方や手法であり、数多くの場数を踏んで身につけた勝ちパターンとも言える。部下はその「型」を見つけ出し、実践して成果を出す。そうすると、上司は「自分が育てた」という自負心をくすぐられる。さらに、「こいつは見込みがある」とあなたを後継者候補として考えるようになるだろう。

吉田典史の名言|上司の仕事の「型」をマネてみる


週末をバッファにして、「平日の遅れを週末に取り返す」というスケジュールを立てる人もいますが、私はそれも危険だと思います。週末は時間がありそうに見えますが、何かと用事に追われたりして、思ったより時間がとれないものです。すると、平日の遅れを取り戻せず、ますますストレスが溜まります。

佐藤孝幸の名言|週末は時間がありそうに見えますが、思ったより時間がとれないもの


上司としての最大の礼儀は、部下に仕事を教えること。部下を育て、真の幸せを感じてもらえる方法はただひとつ、それは、仕事の楽しみに自ら気づいてもらうことです。そして、部下と真剣に向き合うことです。

朝倉千恵子の名言|部下と真剣に向き合うことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ