中村獅童の名言|目新しさばかりを追いかけていると、やがて行き詰まって苦しくなる

歴史ある企業であれば、歴代の方たちが積み上げてきたノウハウがあるはず。そうしたことをないがしろにして、目新しさばかりを追いかけていると、やがて行き詰まって苦しくなる。車にしても時計にしても、日本の老舗ブランドは、たとえ不況の中でも、伝統を守りながら革新を追求しています。「便利」「快適」「楽」がより重宝される世の中になりつつありますが、だからこそビジネスでは、「精神性」や「想像力」が求められるようになっていく。そう思うのです。

中村獅童(二代目) の経歴

中村獅童(二代目)、なかむら・しどう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京出身。8歳で初舞台を踏む。日本大学藝術学部演劇学科を中退し本格的に歌舞伎の道に進む。映画俳優としても活躍し、数々の賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

以前はクルマの中でそれぞれのシステムは孤立していました。安全ブレーキシステムならブレーキシステムだけで開発を進めればよかった。ところが、10年くらい前から状況が変わりました。半導体の進化により車内のあらゆるシステムがネットワークでつながるようになり、システムを連携させることで相乗的にクルマ全体のパフォーマンスを上げられるようになりました。複数のシステムを連携させながら開発を進めています。他社と連携して開発もできますが、同じ社内の方がスピーディーに進められる。これが当社の強みです。

僕たちがやらなきゃいけないのは、若い人達に向けたデモンストレーションなんだと思う。僕たちはいまの世界をこんな風に歩いていますよ、あるいは歩いて行こうと思っていますよって。

読書の目的を意識するというだけでは、いまひとつピンとこない人もいるでしょう。お勧めなのは、その本から得たいことを「第二のタイトル」として考えてみることです。本を読むには必ず何らかの理由があるはずですから、それを自分なりのタイトルにすることで意識化するのです。読書中に頭が混乱しそうなときは、常にそのタイトルに立ち返るようにすれば、目的を見失わない読書ができるでしょう。

「仕事を意識した教育がされず、遅めにスタートし、バイトして遊んでいて就職活動で苦しい」と、とかくいわれるが、これはその子たちも悪いが社会も悪い。仕事を考えた教育をなぜしないのか、この問題放置も不思議だ。

ハウステンボスの再建依頼を引き受けた一番大きな理由は、「難しい案件だからこそ、やってみたくなった」です。高い山があったら、登りたくなるものでしょう?

残業を減らすには、仕事を依頼された時点で、その仕事をやるか、やらないかを正しく判断することがまず大切です。そのためには、自分が抱えている仕事量と、どれだけ時間的な余裕が残されているかを、常に把握している必要があります。

起業して成功したけれど、自分も社員も家族もボロボロでは、人生は幸せではないかもしれません。だから、どれがいいか悪いかではなく、自分にはどれがいいかということを選ぶ必要があります。

教育を変えるためには、学校のビジネスモデルを変える必要性を感じています。鍵は民営化で、様々な企業と共に学校を中心とした地域づくりの取り組みを始めたい。これからは、個の力をテクノロジーの力でいかにエンパワーメントするか、が重要になってくると思います。

両者の一番いいところを全部ピックアップして、生かしたいというのが私の基本的な考え方です。そして、新しい会社にとって最も良い、適切な文化を作り上げなくてはいけないと思っています。

バブルを明確に定義することは難しいですが、一つには株や不動産を代表とする資産価格が、合理的に説明できにくい価格に上昇する状態でしょう。私は株価水準を見る上で、時価総額を重視しています。ITバブルの最中の2000年に、ソフトバンク株の時価総額がトヨタ自動車株を超えることがありました。株価は未来を映し出します。だからといって過大な負債を抱えて格付けが投資不適格のソフトバンクが、日本を代表する超優良企業のトヨタを超えるのは、どうみても納得できるものではありませんでした。そんな状態が長く続くはずもなく、これがバブルのピークと、トヨタ株の時価総額を超えた後にソフトバンク株は急落します。

ページの先頭へ