中村獅童の名言|日本には素晴らしい伝統や歴史がたくさんあるというのに、どうして「近く」にあるものに目を向けないのだろうか

僕には、気になることがあるんです。「日本人の多くが、今も米国や欧州といった海外にヒントを求めているのではないか」ということです。「近く」を見ず、「遠く」に答えを求めている。歌舞伎という伝統芸能の世界に生きている僕から見ると、「何てもったいないことをしているんだ……」と感じることがしばしばあります。日本には素晴らしい伝統や歴史がたくさんあるというのに、どうして「近く」にあるものに目を向けないのだろうか、と。

中村獅童(二代目) の経歴

中村獅童(二代目)、なかむら・しどう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京出身。8歳で初舞台を踏む。日本大学藝術学部演劇学科を中退し本格的に歌舞伎の道に進む。映画俳優としても活躍し、数々の賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最近はメールの発達など、ものごとを伝える手段自体は多様化しています。ところが言葉の方は紋切り型の表現が目立ち多様性を失っている印象があります。多様性がないところには独創性もありません。まずは紋切り型の表現をやめて、自分の言葉を探すところから始めてみると、人の心に響く文章が書けるようになるのではないでしょうか。

堤清二の名言|紋切り型の表現をやめて、自分の言葉を探すことの大切さ


新しいことにチャレンジしていく創業期からの社風を今一度、喚起したい。

田村公正の名言|新しいことにチャレンジしていく創業期からの社風を今一度、喚起したい


自分たちの強みがなければ、何のために事業をやっているのかわからなくなる。

津賀一宏の名言|自分たちの強みがなければ、何のために事業をやっているのかわからなくなる


日々のルーティンに追われていると、視野が狭くなり、ミッションを見失ってしまいます。そこで、入社1~2年目の社員や中途採用の社員に対して、私や社内の講義担当者が3時間程度の講義を行なう「ミッション共有研修」というものを行なっています。しかし、話をするだけでは不十分。現場を実際に自分の目で見てもらう必要があります。そこで、生産者のもとを訪れてもらい、直接生産者の声を聞いたり、生産現場を見学したりする機会を設けています。生きた鶏を一気に絞めて血抜きする光景を目の当たりにすれば、命の犠牲によって自分たちのビジネスが成り立っていることに気づかされます。また、命を粗末にせず、お客様に一番美味しい状態で食べていただこうという気持ちも芽生えてきます。

米山久の名言|会社のミッションを社員に体験させる場を設ける


35年やってきて、テレビ局もいろいろな意味で成長したり、わかってきたりしてはいるが、視ているほうも35年たっている。なめてはいけない。

早河洋の名言・格言|お客様をなめてかかってはいけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ