吉越浩一郎の名言|人として成長するためにも、自らデッドラインを決めることが大切

自分でデッドライン(締め切り)を決めて、それをきっちり守れば、「仕事をやらされている」感覚がなくなります。自主的に仕事ができるようになり、失敗した仕事についても「会社のせい、上司のせい」などと考えなくなります。失敗を正面から受け止めれば、改善ができます。人として成長するためにも、自らデッドラインを決めることが大切です。

吉越浩一郎 の経歴

吉越浩一郎、よしこし・こういちろう。日本の経営者。千葉県出身。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。同社プロダクトマネジャー経験後、トリンプ・インターナショナル香港に入社。トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長を経て社長に就任し、19年連続増収増益を達成した。日本経済新聞2004年平成の名経営者100人に選ばれた。数多くのユニークな社内制度を導入し、同社を大きく成長させた。同社退社後はコンサルタントとして活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々は裏方としてメーカーさんの懐に入り、ユーザーさんたちからのお問い合わせ・苦情を聞きながらマニュアルを作成していきますから、そのメーカーさんの製品の市場での特性も割り出せるようになっています。ユーザーさんの問い合わせや苦情の来ないマニュアルを作ることが我々の使命なのです。

松村幸治の名言|ユーザーさんの問い合わせや苦情の来ないマニュアルを作ることが我々の使命


A3サイズのノートをお勧めするのは、サイズが大きいほうが内容を1枚にまとめやすいから。1枚にまとめると、全体像が把握しやすくなります。30枚の資料を読み込んで理解するのは大変ですが、1枚の紙にまとまっていれば一目瞭然です。

横田伊佐男の名言|1枚にまとめると、全体像が把握しやすくなる


ある新入社員が実際にやって効果があったのが「挨拶」。そんなことはやっているよと言うかもしれませんが、朝職場で漠然と全体に「おはようございます」と言う人が多いのでは? 彼は席につくまで、職場の一人ひとりに丁寧に挨拶して行く。それもあまり大声ではなく、相手の邪魔にならない程度に。自分にしっかり挨拶してくれたという気持ちになると、人はその相手に好感を持ちます。

齋藤孝の名言|自分にしっかり挨拶してくれたという気持ちになると、人はその相手に好感を持つ


最近の若い子を見てると、言葉の訓練をしてないなって思いますね。言葉って小さいときから磨いておいたほうがいいですよ。学校や家庭でいやなことがあったときなんか、言葉を磨く最高のチャンスなの。たとえばテストの成績が100人中90番だったとき、母親に「ゲームばっかりやってるからよ!」なんて言われたらいやでしょ。そういうときは「試験前あんなにゲームをやってたのに、ビリじゃなくてよかったじゃない」と言ってくれればいいのにとか、自分が言われたらうれしい言葉を想像してみる。この習慣をつけておくと、自分がしゃべるときに相手を思いやる言葉が出てくるようになるの。

萩本欽一の名言|いやなことがあったときは、言葉を磨く最高のチャンス


日本でもM&Aはオープンに考えています。ただ、急いでいるわけではありません。イノベーションをもたらす会社なのか、アマゾン同様に顧客中心の文化を持った会社なのかなどを、厳しく吟味、検討しています。

ジャスパー・チャンの名言|M&Aをするときは厳しく吟味する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ