吉越浩一郎の名言|人として成長するためにも、自らデッドラインを決めることが大切

自分でデッドライン(締め切り)を決めて、それをきっちり守れば、「仕事をやらされている」感覚がなくなります。自主的に仕事ができるようになり、失敗した仕事についても「会社のせい、上司のせい」などと考えなくなります。失敗を正面から受け止めれば、改善ができます。人として成長するためにも、自らデッドラインを決めることが大切です。

吉越浩一郎 の経歴

吉越浩一郎、よしこし・こういちろう。日本の経営者。千葉県出身。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。同社プロダクトマネジャー経験後、トリンプ・インターナショナル香港に入社。トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長を経て社長に就任し、19年連続増収増益を達成した。日本経済新聞2004年平成の名経営者100人に選ばれた。数多くのユニークな社内制度を導入し、同社を大きく成長させた。同社退社後はコンサルタントとして活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

朝は3分早く起きて新聞を読み、コーヒーを楽しみ、余裕をもって会社の門をくぐりたまえ。朝をベストコンディションにしておくことで、長い人生ずいぶん違いが出てくる。

営業で人との出会いを楽しむためには、「誠実であること」「謙虚であること」「相手の立場をよく考えること」が大切です。笑顔できちんと挨拶して、相手の話をしっかりとうかがう。内気な方でも、相手の話を聞くことはできるでしょう?そして、訪問先の会社のことをよく調べて、相手の方のビジネスについておうかがいするんです。

新卒採用を総人件費削減の一環で抑制したり、見送ったりしている企業は、景気動向や業績を踏まえた長期的な判断だとしても、未来は暗いと思います。新卒採用は「次世代を背負う人材の育成」の面で必要なのは当然ですが、それ以外でも「社内の活性化」に大きく効きます。実はこの利点を見落としている経営者は少なくありません。

基本を徹底すれば自信が生まれる。自信が深まれば責任感が強まる。責任感が強まれば目標が高まる。そして、高まった目標は次の一歩に向けて、また基本に立ち返らせる。

我々は自社を「ボーダーレス=クリエイティブ=カンパニー」と呼び、家電からオーガニックコスメまで幅広く手掛けています。通常、メーカーは家電や時計など生存領域を決め、そのジャンルの中で商品開発を行います。我々はそのように枠を狭めることは面白くないと考え、領域に囚われることなく、多種多様な商品を生み出してきました。

大人の勉強で非常に大事なことがあります。それは、お金をかけること。本気のスイッチを入れるには、これが一番簡単な方法です。お金をかければかけるほど、人はその分の学びを確実に得ようと必死になる。もしお金をかけるのをためらうとしたら、それはあなたが本気で学ぼうとしていないということです。私は教師になりたての20代の頃は、ひと月に5万円ほどを書籍代に費やしていました。当時の月給が15万円程度でしたから、かなりの出費です。しかし、より良い授業を実践するために参考になると思えば、惜しみなく書籍にお金を注ぎ込みました。その頃に投資したお金が、教師としての私のキャリアの礎を形成し、今では使ったお金の何百倍、何千倍にもなって返ってきています。

先進性も大事ですが、経営者にとって、思考のトレーニングはベース。論理的な考え方や見方、そして、ロジカルでは限界があるところを、デザインシンキングなどで補う、といった思考を鍛えていくベースは変わらない。

女性にやる気を持たせるには「自分は任せてもらっている」と自信を持たせることだと思います。「信頼する」ということです。それから「誉める」。そしてそれを給料で示すことです。

みなさんが物語を楽しんでもらえるように、意識的にリアルにアプローチしたつもりなんですが、みなさんは果たしてどう見てくれたのだろうかと。作品は観客のためにあるのですからね。

傾聴できる上司になるには、上司自身が心の余裕を保つことが不可欠。休息法を上司自ら実践するのがベスト。率先して休み、遊ぶことで自身のストレスマネジメントもできますし、チーム全体にも休みやすい環境をつくれます。働いている時間内でも、上手に息抜きを促し、くつろいだ空気をもたらせれば理想的です。こうした働きかけが、職場の人間関係改善の源になるでしょう。

ページの先頭へ