吉越浩一郎の名言|決めたデッドラインは必ず守る

急ぎの案件でなくても、「明日までに」というデッドライン(締め切り)を設定して前倒しでやってしまうのが理想です。ですが、それだと仕事がパンクしたりする。ですから、慣れないうちは、デッドラインを「1週間後までに」などと緩く(長く)設定してもいい。ただし、決めたデッドラインは必ず守ること。結果として守れなければ、「守るのが当たり前」という考え方にならないためです。少しずつデッドラインを厳しくして、前倒しで仕事が終わるようにしましょう。そうすれば、効率化とスピードアップが図れます。

吉越浩一郎 の経歴

吉越浩一郎、よしこし・こういちろう。日本の経営者。千葉県出身。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。同社プロダクトマネジャー経験後、トリンプ・インターナショナル香港に入社。トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長を経て社長に就任し、19年連続増収増益を達成した。日本経済新聞2004年平成の名経営者100人に選ばれた。数多くのユニークな社内制度を導入し、同社を大きく成長させた。同社退社後はコンサルタントとして活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ダラダラとした会議は時間のムダ。そのような場は、往々にしてダメ上司が仕切っているものです。だからといってコントロールできないというわけではありません。質問力を鍛え、上司から次々と言いたいことを早く引き出せばいいのです。ここで「俺のほうが優れている」と見せつけてはうまくいきません。

柴田励司の名言|ダラダラした会議を質問でコントロールする


「うまや」は外国人のお客さまがとても多いんです。これからのビジネスを考えるうえで、日本の文化や伝統は、キーワードになると思います。

唐池恒二の名言|これからのビジネスを考えるうえで、日本の文化や伝統は、キーワードになる


基本的には経営は「求心力」と「遠心力」のバランス。求心力で一致団結するフェーズもあれば、遠心力を使って事業を広げるフェーズもある。

宇佐美進典の名言|経営は「求心力」と「遠心力」のバランス


環境を変えることが不可能というならば、すっぱり会社を辞めた方が、本人のためにも会社のためにも最善です。やりたくないことに耐えて生産性の低い仕事をすることは、無駄でしかありません。その労力をぜひ転職活動に使ってください。私も、やりたいことが今の環境では絶対にできないと判断した時に、迷わず転職しました。

森川亮の名言|やりたくないことに耐えて生産性の低い仕事をすることは、無駄でしかない


既存のルールに関しては従来通りに尊重しつつ、おかしなものについては異を唱え、ルールづくりや変更にも積極的に関わる。国際競争を勝ち抜くには、その姿勢が大切だ。

青木高夫の名言|国際競争で勝ち抜くために必要な姿勢


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ