有森裕子の名言|粘り続ければ、相手が諦めることもある

相手が諦めるまで、粘り強く我慢することは得意です。元来エリート選手ではなかった私は、技術では勝てないと思い、粘り強さでライバルに勝つようなレースやトレーニングを繰り返してきましたから。「粘り続ければ、相手が諦めることもある」という考えが、困難を乗り越える原動力になりました。

有森裕子 の経歴

有森裕子、ありもり・ゆうこ。日本のマラソンランナー。バルセロナ五輪で銀、アトランタ五輪で銅メダルを獲得。日本女子陸上界で初めてオリンピック2大会連続でメダル獲得した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アマゾンでは、全社員がリーダーであるべしという考え方の下、すべての行動・判断の軸となる価値観「Our Leadership Principles(我々のリーダーシップ原則)」を掲げています。これには14の原則が記されています。

雑談は、チームの結束力を強めるのに役立ちます。雑談を通じて築いた信頼関係があるからこそ、お互いの仕事をフォローしたり、つらそうな人の話し相手になってストレスを和らげてあげたりする、これが、組織全体のパフォーマンスアップにつながります。

書き手は最初の読み手。つまり読者と近い場にいる、作り手をえらく思わなくていい。

30分で人間を判断する採用面接だって強引じゃないですか。だったら、面接を受ける側も遠慮していてはいけない。相手がゾッとするくらいの熱意を積極的に伝えるべきだと思う。

仕事が上手くいかないことって誰にでもある。そのとき、才能のせいにするか、自分の努力不足のせいにするかで、その後が決まる。

あいつらは悪い、あいつは駄目、あいつらは危険な男たち、というふうに決めつけてしまった方が楽じゃないですか。あいつらはきっと考えがあるんだよ、なぜ彼らが怒っているか聞いてみようよ、というのはとても面倒臭いことだし、大変なことです。しかしホントはそれをしなきゃいけないというのが絶対的価値観だと思う。だって地球は1つで、みんな一緒に住んでるわけだから。

赤ちゃんと高齢者には共通点がたくさんあります。赤ちゃん市場の強みを生かして、高齢者向けの事業にもさらに力を入れていきたい。

当社は、製品を使用する側からの情報をもとに開発するものが多いため、使用目的に合致したものを作り上げる開発体制となっています。

セブンイレブンは、商品開発、発注、物流、販売のシステム、店舗設備の充実、経営指導、情報処理などをトータルに駆使することによって、売り上げを伸ばしてきました。お客様の立場に立って、変化に対応していくためには欠かせないことです。

勉強の目的は、何も知識を増やして視野を広げるだけではありません。勉強することの最大の効用は論理性を高めることです。論理性がないと、コミュニケーション能力が向上しません。また、世の中や仕事の複雑な仕組みも理解できないのです。

ページの先頭へ