中村獅童の名言|「古典が一番斬新」と感じることも多い

新作歌舞伎を創る際、内容によっては、古典的手法を使うだけで、新しい作品に仕上がることも少なくありません。「温故知新」という言葉にもある通り、「古典が一番斬新」と感じることも多い。

中村獅童(二代目) の経歴

中村獅童(二代目)、なかむら・しどう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京出身。8歳で初舞台を踏む。日本大学藝術学部演劇学科を中退し本格的に歌舞伎の道に進む。映画俳優としても活躍し、数々の賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分を成長させてくれるのは、「お前だったら大丈夫」と言ってくれる安心屋と「このままじゃ駄目になるぞ」と言ってくれる緊張屋の2タイプです。

試合が終わった瞬間はいつも、もうこれ以上戦いたくないと思う。でも、やっぱりまたやるんだよね。防衛することでどんどん味わっていくボクシングの魅力というのがあるんですよ。

先駆けの心がけとは、槍なくば刀、刀なくば無刀無具足でも、とにかく誰よりも早く取りつこうとすることだ。

人生におけるもっとも大きな仕事は、人が自分自身に誕生を与えることであり、自分の内にある可能性を実現させることである。人間が努力して作り上げる最も重要な労作は、自分自身のパーソナリティーの形成である。

日本国内はこの先、少子化が進みます。しかし、子供の数が減っても、子供の学力強化が将来につながると考える親は多いと思います。しかも、いままでのように「友達が行っているから我が家も」といった選び方ではなく、厳しい選択の中で選ばれるようになります。だからこそ、学習効果をきちんと提供できる公文にしていくことが、少子化が進む中での最大戦略だと考えています。

「人として正しいことをする」この原則は国境を超えて通用するものです。これを軸にしていれば、世界のどこに行っても事業を展開できる。そう確信しました。

社員には「(社長就任)最初の100日間でバランスシートの改善を実行する」と宣言し、再生の基本方針として「厳格に」「嘘をつかない」「先送りしない」という方針を掲げました。私は最初の100日間が、組織の1000日後を決めると強く思っていました。

選手に納得してもらうには、自分の気持ちに対して嘘をつかないことです。コーチの嘘を選手はすぐに見抜きます。そうしたら信頼関係なんて築けません。

イノベーションを起こせる経営者だけが、イノベーションが起き続ける会社だけが、事業を継続できる。

どんな残酷な事実からも目を背けてはいけません。「10年後に我々はいまよりも格段に強くなっている」という確信を持つためには、目の前の現実を直視する必要があります。そうすれば、どうやったら現在の苦境から脱出できるのかがわかるはずです。

ページの先頭へ