中村獅童の名言|「古典が一番斬新」と感じることも多い

新作歌舞伎を創る際、内容によっては、古典的手法を使うだけで、新しい作品に仕上がることも少なくありません。「温故知新」という言葉にもある通り、「古典が一番斬新」と感じることも多い。

中村獅童(二代目) の経歴

中村獅童(二代目)、なかむら・しどう。日本の歌舞伎役者、俳優。東京出身。8歳で初舞台を踏む。日本大学藝術学部演劇学科を中退し本格的に歌舞伎の道に進む。映画俳優としても活躍し、数々の賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チャレンジをせず守りに入ってしまうと、過去の資産を食いつぶしていくだけです。

辻野晃一郎の名言|チャレンジすることの大切さ


カン(勘)のない経営ほどあかんものはない。現場に立ち、どうしたらお客様が今より満足してくださるかを考える。カンはそこから出てくる。

小嶋淳司の名言|カンのない経営はあかん


今の選手たちは、練習を積み重ねることがメダルにつながるということが理解できていません。十年前までの選手なら、練習を積み重ねることでしかメダルを取ることはできず、メダルを取るためには日々の苦しい練習が絶対不可欠なものだということは、最初から理解していました。ところが、今の選手は、日々の積み重ねがなくてもメダルが取れると思っています。何という平和ボケ! そんな都合のいい話、あるわけがありません。

井村雅代の名言|日々の積み重ねがなくてもメダルが取れるというような都合のいい話、あるわけがない


私は伝えることの大切さを30年かけて学びました。伝わらなかった時には、商品を買ってもらえなかった。いかにコミュニケーションをとっていくことが大事。

高田明の名言|いかにコミュニケーションをとっていくことが大事


相手から学ぶという姿勢が大事です。お客さまだけでなく敵に対しても謙虚でなければいけません。もちろん勝負ですから、それだけではなく傲慢なところも必要です。ただ、忘れてはいけないのは、我々の目的は敵と戦うことではない、ということです。根幹の仕事は、あくまでもお客様との満足関係を高めることです。結果として勝ち負けがつきますが、敵だけを意識しているとお客様が見えなくなってしまう。それだけは避けなければいけません。

泉谷直木の名言・格言|ライバル会社だけにとらわれるな


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ