吉越浩一郎の名言|手法の良し悪しよりも、「やりきる」覚悟の方が大事

皆、一生懸命やりますが、「もう少し」というところで諦めてしまう人が少なくありません。諦める理由はいくらでも探せます。ですから、手法の良し悪しよりも、「やりきる」覚悟の方が大事です。

吉越浩一郎 の経歴

吉越浩一郎、よしこし・こういちろう。日本の経営者。千葉県出身。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。同社プロダクトマネジャー経験後、トリンプ・インターナショナル香港に入社。トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長を経て社長に就任し、19年連続増収増益を達成した。日本経済新聞2004年平成の名経営者100人に選ばれた。数多くのユニークな社内制度を導入し、同社を大きく成長させた。同社退社後はコンサルタントとして活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

兵隊が優秀でも将校が無能だったら戦いに勝てない。

過去パートと、現在パートが交互に出てくるという構成はデビュー作とまったく一緒なんです。あえて同じ構成で書くことで、デビュー作との違いを個人的に際立たせたかった。作家として成長したんだということを、自分自身に証明したかったんです。先にプロットを立てずに、登場人物たちの動き重視で即興的に書いていくというやり方も、デビュー作以来でした。

競争相手は顧客です。つまり、お金を払う価値がないと思われないように、顧客の価値創造で継続的に勝てるかどうか。

リーダーシップは命を懸けるということです。リーダーシップは、もともと軍隊用語。命を懸けてみせることで、みんなもついてくるんですよ。

お客様のところにいく時も、ほとんどが地下鉄。地下鉄ほど便利な乗り物はありませんよ。それに地下鉄で若いOL達のピーチクパーチクという会話を聞くことほど楽しいことはありません。ある本に「地下鉄の効用」という文章を書いたことがあるぐらいです。

説得力を上げる重要なポイントは「共感」を得ること。説得力のない人は、相手の共感を得られていない。言葉巧みに上手く演説なんてできなくても、一生懸命で誠実な姿勢が伝われば、話に共感できる。

最初のうちは、「これが宝」と思ったものがじつはただの石ころだった、ということもあります。かくいう私も、これまでのビジネス人生で「2勝10敗」と数多くの失敗を経験してきましたが、いま振り返ってみれば、最初の頃は自己流で失敗を重ねるだけで、本当の意味で失敗から学んではいませんでした。

稲盛がよく言うのは「泥棒を捕らえて縄をなう」という言葉だ。つまり、泥棒を捕まえてから縛るための縄をつくるということ。一般的には後手に回るというネガティブな意味だが、京セラは「泥棒を捕らえて縄をなう」式だ。工場をつくるときに「1年目にこういう注文がきます。2年目の注文は1.5倍になるだろうから、これだけの設備とスペースを用意しましょう」と言うと、必ず「ダメ」と言われる。要は予測通りにならないということ。まず1年目なら1年目の設備だけきちんと用意して、確実に注文がくる分だけの金額を投資するのだ。

楽しく仕事をしていたら社員の顔が明るいはずです。外部の方が来られて「社員の顔が明るいね」と言っていただけることが、私は一番嬉しい。

選択と集中の戦略を取ることができるのは、その前に、多角化と拡散の時代があったからである。この時代に一見すると無節操に行われた多角化は、たんに将来の余剰資産を作り出しただけではない。企業の長期的な存続にとって大切なことが行われている。それは新しい事業や技術の創造という種まきである。この種まきが行われていなければ、そもそも選択と集中は行えない。

ページの先頭へ