吉越浩一郎の名言|効率的な仕事は、デッドラインから生まれる

効率的な仕事は、デッドライン(締め切り)から生まれる。デッドラインがあれば、そこまでに「どうやって終わらせるか」を考える。つまり、やり方を工夫するわけです。

吉越浩一郎 の経歴

吉越浩一郎、よしこし・こういちろう。日本の経営者。千葉県出身。ドイツ・ハイデルブルク大学留学後、上智大学外国語学部ドイツ語科卒業。その後、メリタジャパン設立に参加。同社プロダクトマネジャー経験後、トリンプ・インターナショナル香港に入社。トリンプ・インターナショナル・ジャパン副社長を経て社長に就任し、19年連続増収増益を達成した。日本経済新聞2004年平成の名経営者100人に選ばれた。数多くのユニークな社内制度を導入し、同社を大きく成長させた。同社退社後はコンサルタントとして活躍。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

全部のアプリが2位か3位で、ならすと総合1位、というのでは意味がない。単品で勝負して強いものが群を成す、というのが正しい姿だと思って、取り組んでいます。

年齢ごとにお金の動きをシミュレーションしておくと、取るべき対策も見えてくる。

従業員への投資はとても大事。企業としては株主をはじめとするステークホルダーへの還元や社会貢献も重要ですが、私としては従業員にも幸せになってもらいたい。

人間には、舌は一枚しかないが、耳は2つある。

米国のフリトレーでは担当者が朝6時ぐらいに自家用車で商品搭載済みのトラックまで直接向かいます。そこで乗り換えたら、スーパーやコンビニエンスストアなどに配送して回りながら注文を取ってきます。私が午前11時に彼らに会えば、「今日は既に客先を7~8軒回った」なんて言うのです。日本の社員なら、昼前はまだお客さんに会ってもいない時間帯かもしれません。

営業マンは、お客様が「きみの会社とつきあってよかった」と思う付加価値を売らねばなりません。日本一高い商品でもいいのです。高いからこそのメリットを明確に謳って、お客様が満足してくだされば問題はないのです。

私の実践的投資スキルを要約せよ、と求められたなら、ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。社会現象の研究は、むしろ「錬金術」と称する方が適切かもしれない。

笑顔は安心感をもたらす。

「うちの会社は雰囲気が悪いから」と嘆いていないで、まず自分から大きな声で挨拶をすればいい。「うちは知名度がないから」も、口にする人が多いセリフです。10年前、私の部下たちもよく言っていました。それなら知名度を上げればいいじゃないかと呼びかけた私は、知名度を上げるために書籍を出そうと決めました。他にもセミナーを開いたり、ニュースレターを出して若い社員にも記事を書かせたり、考えつく限りのことを実践しました。

飲食業では物件以外にもカギを握るものがあります。販促と人材育成です。

ページの先頭へ