松本晃の名言|長くやるな、集中してやれ

「長くやるな、集中してやれ」。これは、私が口を酸っぱくして社員に言っている言葉です。誤解されがちですが、会社は社員に「時間をかけること」を求めていない。期待しているのは「成果」です。

松本晃(経営者) の経歴

松本晃、まつもと・あきら。日本の経営者。カルビー会長兼CEO(最高経営責任者)。京都出身。京都大学大学院農学部修士課程修了後、伊藤忠商事に入社。産業機器・自動車・港湾機器などの輸出ビジネスに携わる。その後、伊藤忠子会社のセンチュリーメディカル取締役営業本部長、ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル社長・最高顧問などを経てカルビー会長兼CEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

提灯という文化を残すか否かではなく、基本に則った仕事をみんなにして欲しいですね。最近だと、パソコンで作った文字を提灯に描く事業者も増えてきていて、私はそれは寂しいなと感じます。職人一人一人違った字を描いているからこそ味があるのに、それがパソコンで出来てしまうなんてもったいない。パソコンで作った下書きに筆ペンで上書きしてるなんて本当にもったいない。今の世の中IT化が進み技術は確かに進んでいます。でも、その中で提灯作りは基本に則ったやり方でやって欲しいなと思っています。

瀧澤光雄の名言|基本に則った仕事をみんなにして欲しい


「ああしろ」「こうしろ」といちいち部下に指示することが、上司の仕事ではありません。上司に求められるのは「段取り力」です。段取り力というのは、部下に仕事の目的を明確に示して、それを具体的なタスクにブレイクダウンしていき、段取りをつける能力のことです。つまり、上司には目的と現状をつなぐ論理を構築できることが必須なのです。

廣瀬禎彦の名言|上司の仕事とは


上司を見極めるにはいろんなタイプを知っておき、比較できるようにすること。別の部署の上司と食事をしたり話を聞いて、できるだけたくさんの上司と知り合いになることが大切。

麻野進の名言|できるだけたくさんの上司と知り合いになることが大切


人事部が行うとか、社内研修があるとかは人材教育に関係ありません。各部門の部長の使命は、いかに自分の部の部員を育てるかにかかっている。

飯島彰己の名言|部長の使命はいかに部員を育てるかにかかっている


勉強は大事ですが、理屈だけこね回していても、仕事は前に進みません。理屈を知ったうえで、行動が伴わなければならない。

樋口武男の名言|理屈だけこね回していても、仕事は前に進まない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ