松本晃の名言|時間を有効に使って、魅力的を磨く時間を持つことが大切

勉強する、教養を深める、ジムで体を鍛える、家族サービスをする。何でもいいんです。そうした時間が、ビジネスパーソンをより豊かで魅力的にする。「人は買いたいモノを買うのではない。買いたい人から買うのだ」。仕事は、相手あってこそ。その仕事でいい働きができるのは、魅力的な人です。締め切り意識を持って、1日24時間を有効に使ってください。

松本晃(経営者) の経歴

松本晃、まつもと・あきら。日本の経営者。カルビー会長兼CEO(最高経営責任者)。京都出身。京都大学大学院農学部修士課程修了後、伊藤忠商事に入社。産業機器・自動車・港湾機器などの輸出ビジネスに携わる。その後、伊藤忠子会社のセンチュリーメディカル取締役営業本部長、ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカル社長・最高顧問などを経てカルビー会長兼CEOに就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ボーナスは成果主義にしてあり、3割はどれだけ自律型感動人間に沿ったサービスをしたか、で支給しています。通常ビジネスホテルの支配人は現場で10年働いてなれるものですが、当社では50日の研修で支配人になってもらいます。自律的に人を感動させることを考えている人であれば支配人の仕事はそう難しくありません。支配人には4級から1級までライセンスがあり、例えば3級ですと月に20万円のインセンティブがつきます。

山本梁介の名言|理念に沿っている人を評価する仕組みを


私は長年、長期投資の世界で働いてきて、その良さについて熟知していました。それが日本では全くといっていいほど知られていませんでした。良いものを世に届けたい、それだけでした。

澤上篤人の名言|良いものを世に届けたい、それだけだった


無意識に行動する消費者に対して、論理的な発想のマーケティングで攻めるのはとても困難なことです。

ルディー和子の名言・格言|消費者は無意識に行動する


時間がかかりますが、自分で工場を作った方が、他人の工場を買うよりも最後は大きく成長します。企業には独自の文化があって、経営主体が変わったからといって体質は簡単には変わりません。それが外国の企業であればなおさらです。私は金輪際、外国企業を買収しようとは思いません。
【覚書き|スペインのサンタナで工場を買収し大損失を出したことを振り返っての言葉】

鈴木修の名言・格言|経営主体が変わったとしても企業体質は簡単に変わらない


私がこれまで5つの会社をつくってきた経験からいうと、おそらく1000社起業したら生き残るのは数十社で、そのうちの5~6社がIPOするでしょう。どれほど優れたアイデアがあってもそれを事業として育成してIPOするのは極めて難しい。ですから、消費者や社会のために何としても役に立とうという姿勢がない限り、会社は生存できません。

千本倖生の名言|消費者や社会のために何としても役に立とうという姿勢がない限り、会社は生存できない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ