田中良和の名言|「もう一度、目標を設定し直す力」こそ重要

人生には、夢を失う時、目標を達成できない時があります。人生の軌道修正を迫られる瞬間が必ずある。そんな時、「1つの目標を定めてそれに向かって頑張る」ことも重要だと思いますが、環境が変わり、決めた目標をどうしても達成できない時、「もう一度、目標を設定し直す力」こそ重要だと考えています。目標を再設定するのは難しいことですが、そうしないと行き詰まってしまう。このことを学べたのはよかったと思います。

田中良和(GREE) の経歴

田中良和、たなか・よしかず。日本の経営者。GREE創業者。東京出身。日本大学法学部政治学科卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネットエンタテインメント)に新卒第一期生として入社。経営戦略、サービス企画、海外事業支援や交渉などの実務を経験。その後楽天に移り、楽天オークション、ブログ、アフィリエイトプログラム、プロダクトレビューなどの企画・開発に貢献した。同社勤務中、趣味としてSNSのGREEを開設。GREE開設から約2年後楽天を退社し、同社の経営に集中した。同社はマザーズに上場したのち、東証一部上場を果たした。当時東証一部上場創業者の最年少記録を更新した。フォーブス日本版の日本の富豪の40人中24位にランクインを果たした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ネガティブな感情は、レム睡眠中に脳内で処理されることが研究で明らかになっています。理不尽なことで上司に怒られたり、凡ミスをおかしてしまったりしたときには、お酒を飲むよりも寝るに限る。翌朝には気分が晴れて、「よし、頑張ろう」という前向きな気持ちになれます。

西多昌規の名言|嫌なことがあったときはお酒を飲むよりも寝るに限る


コンピューター産業でグローバルスタンダードと言われる技術のほとんどは米国で生まれている。最初からグローバルなマーケットを攻めようと考えた時、米国での起業は自然な結論でした。中でもシリコンバレーを選んだのは、ビジネスの「エコシステム(生態系)」がしっかりしているからです。

芳川裕誠の名言|最初からグローバルなマーケットを攻めようと考えた時、米国での起業は自然な結論


現状維持というのは、それはもう退化でしかないと思っています。現状維持でキープできることなんて世の中にあるわけがないですし、それはどんな老舗でもそうです。

近藤太香巳の名言|現状維持は退化


倒産する企業は、業種別産業別特性によるよりは、むしろ企業の戦略の取り舵のいかんによって決まってくる。一言で言えば、「倒産の最大の原因は、販売不振である」ということだ。要するに、金の問題よりは販売不振、売上不振というものが、決定的な倒産の条件になってくる。

田岡信夫の名言・格言|倒産の最大原因は販売不振


ビジネスにお金を出すか出さないか。カギを握るのは、そこに確固たる理念があって、共感できるかどうかに尽きます。後は、理念を実現するビジネスプランが組まれているかを検討するだけです。

出口治明の名言|カギを握るのは、確固たる理念があって、共感できるかどうか


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ