田中良和の名言|「もう一度、目標を設定し直す力」こそ重要

人生には、夢を失う時、目標を達成できない時があります。人生の軌道修正を迫られる瞬間が必ずある。そんな時、「1つの目標を定めてそれに向かって頑張る」ことも重要だと思いますが、環境が変わり、決めた目標をどうしても達成できない時、「もう一度、目標を設定し直す力」こそ重要だと考えています。目標を再設定するのは難しいことですが、そうしないと行き詰まってしまう。このことを学べたのはよかったと思います。

田中良和(GREE) の経歴

田中良和、たなか・よしかず。日本の経営者。GREE創業者。東京出身。日本大学法学部政治学科卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネットエンタテインメント)に新卒第一期生として入社。経営戦略、サービス企画、海外事業支援や交渉などの実務を経験。その後楽天に移り、楽天オークション、ブログ、アフィリエイトプログラム、プロダクトレビューなどの企画・開発に貢献した。同社勤務中、趣味としてSNSのGREEを開設。GREE開設から約2年後楽天を退社し、同社の経営に集中した。同社はマザーズに上場したのち、東証一部上場を果たした。当時東証一部上場創業者の最年少記録を更新した。フォーブス日本版の日本の富豪の40人中24位にランクインを果たした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「ムリかも」なんて考えず、常識をどんどん破っていけは、いいアイデアが出る。

機能・性能だけで選ぶ時代は既に終わり、自分の共感できる理念や応援したいと思える会社が選ばれる時代になった。

知識なり才能なりは必ずしも最高でなくてもいい。しかし、熱意だけは最高でなくてはならない。

なんとなくで貯金の金額を決めてしまうのは非常に危険。それでは将来の自分の首をどんどん絞めることになる。月にいくら貯金したほうがいいかは、将来いくら必要になるかから逆算して考えなければいけない。

ごくわずかな人を除いて他の人々は、人生の用意がなされた途端に人生に見放されてしまうというのである。このような彼らのいわゆる万人に共通な災いに嘆息するのは、単に一般の大衆や無知の群集だけのことではない。著名な人々にさえも、このような気持ちが嘆きを呼び起こしている。それゆえにこそ、医家のなかでももっとも偉大な人物の発言がある。いわく「生は短く術は長し」と。

時間単価という発想を持つといいでしょう。例えば、「マイホーム購入と一生賃貸とどちらが得か?」という質問をよく受けます。仮に3000万円で購入したマイホームに30年間住むとしましょう。30年後に1000万円で売却できるとすると、一年当たりの単価は約67万円になります。ごく単純な例ですが、年間の家賃がこれよりも高ければ、マイホームを購入したほうが得といえます。

個人を尊重することで、末端の社員までもが品質・生産性の向上に貢献する風土ができあがる。従業員自身に自分の運命を決めさせることで目的意識を持たせるのだ。

始めは一人でスタートして、やがて3人、50人、100人と増え、いまは300人規模の会社になりました。経営の仕方というのは、規模によって違います。私は会社の成長とともに、社長として成長してきたと思います。

「巧遅は拙速にしかず」と、古来言います。出来がよくて遅いより、多少、できは悪くとも早い方がよい。これが仕事の基本と心得てください。

君の写真が傑作にならないのは、あと一歩、被写体に近づいてないからだ。

ページの先頭へ