田中良和の名言|世の中の評価に左右されてしまうと、判断を誤りかねない

今日やったことがすぐに、花開くわけではありません。3~5年かけて頑張ってきたことが、ある日突然花開く。それが、ほかの人からは見えない。それまで取り組んできたことを知らないから、否定するわけです。世間は「うまくいっている瞬間だけ」褒めてくれるもので、実は否定されることの方がはるかに多い。だからこそ、それに飲み込まれてはいけないとも思っています。世の中の評価に左右されてしまうと、判断を誤りかねませんから。創業当初の思いを大切にし、「いい時も悪い時も関係ない」と思うようにしています。

田中良和(GREE) の経歴

田中良和、たなか・よしかず。日本の経営者。GREE創業者。東京出身。日本大学法学部政治学科卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネットエンタテインメント)に新卒第一期生として入社。経営戦略、サービス企画、海外事業支援や交渉などの実務を経験。その後楽天に移り、楽天オークション、ブログ、アフィリエイトプログラム、プロダクトレビューなどの企画・開発に貢献した。同社勤務中、趣味としてSNSのGREEを開設。GREE開設から約2年後楽天を退社し、同社の経営に集中した。同社はマザーズに上場したのち、東証一部上場を果たした。当時東証一部上場創業者の最年少記録を更新した。フォーブス日本版の日本の富豪の40人中24位にランクインを果たした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の存在価値は、人に求められることで初めて輝きます。仕事の選択に悩んでいる人は、それを踏まえたうえで納得のいく答えを探してほしいと思います。

徳岡邦夫の名言|自分の存在価値は、人に求められることで初めて輝く


世の中には指示された方が楽という人もいますが、こういう人はリーダーになってはいけません。

磯崎功典の名言|リーダーにしてはいけない人の特徴


人は論理ではなく感情で動いているのです。商品を売るときに限らず、初対面では相手の警戒心を解き、親しくなる必要があるのです。そのためには、雑談で自分の人間性を伝えるのが一番なのです。

松橋良紀の名言|商品を売るときに限らず、初対面では相手の警戒心を解き、親しくなる必要がある


これまでもずっと「当たって砕けろ」の気持ちで体当たりしながら学んできた。確かに大変でしたが、怖いと思うことはないんです。

柿山丈博の名言|「当たって砕けろ」の気持ちで体当たりしながら学んできた


ポジがネガに変わること、それがいま、世の中で起きています。時代や環境の変化にどう適応するか、自己変革しながらやっていくしかありません。自分が変われば八方ふさがりだったところに出口が見えてくるものです。

田中順一郎の名言・格言|八方ふさがりから抜け出す方法は自分が変わること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ