森川亮の名言|お金を投資して「時間の価値」を高めることで「自分の価値」が上がれば、お金は後から必ずついてくる

一般的に、若いうちは給与が低く、貯めてもたかが知れていますから、(自己)投資した方がいい。お金よりも時間の方がずっと大事です。極端なことを言えば、お金はどうでもいい。なぜなら、お金を投資して「時間の価値」を高めることで「自分の価値」が上がれば、お金は後から必ずついてくるからです。例えば、ダラダラ残業するのをやめて、未来への目標のために英会話やプログラミングの勉強にお金を投資すると、「時間の価値」が高まり、「自分の価値」が高まっていきます。そうすれば、プロジェクトを任されたり、志望する会社に転職して能力を発揮しやすくなったりして、結果的に年収が上がる。

森川亮 の経歴

森川亮、もりかわ・あきら。日本の経営者。「NHN Japan(のちのLINE)」社長。神奈川県出身。筑波大学(第3学群情報学類情報工学専攻)卒業後、日本テレビで幅広いメディア事業に約10年間従事。青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課程でMBAを取得。その後、ソニーを経て韓国系大手オンラインゲーム会社ハンゲームジャパン(のちのNHN Japan)に入社。ハンゲーム事業部長、取締役、経営企画部門統括、副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は米国で1人になる時間が多くて、「速くなって何の意味があるのか」などと、自問自答ばかりしていました。明確な答えが見つからないことの方が多いけれど、一体、自分の問題意識の矛先がどこに向いているのか、はっきりしてくる。そこには自分の軸となる要素があって、それを見つけるためにも、自問力は重要だと思います。

為末大の名言|自問力は重要


自分が信用できる相手を見つけるためには、複数の事業者に同じ希望を伝えてみるなど、こちら側も能動的に行動することが求められます。受け身でいるだけでは、なかなかいいパートナーとは出会えません。

伊藤亮太の名言|受け身でいるだけでは、なかなかいいパートナーとは出会えない


問屋を通さないのが当社の強み。売れたものにしか発注が来ないから基本的に週単位で小売りの販売トレンドが分かります。こうしたデータは新商品の開発にも役立てています。

大山健太郎の名言|週単位で小売りの販売トレンドが分かる


労働組合の役員を務めたが、大変勉強になった。旧川崎製鉄本社の組合員は気性が激しいことで有名。そのため難しいところがあったが、理屈を明確にして誠実に説明することで理解してもらえた。この経験は、その後の海外との提携交渉などでも活きた。

林田英治の名言|理屈を明確にして誠実に説明する


自律的になれば、たとえば、何か資料の作成を求められたときでも、「最低限のものを出せばいいや」ではなく、「どうせなら、もうちょっと調べてみよう」となる。嫌な上司と仕事をするときでも「おとなしくしておいて、やり過ごそう」ではなく、「こっちがあの上司を使って仕事をするんだ」となります。

中山讓治の名言|自律的になれば仕事が変わる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ