森川亮の名言|肩書がないと生きられない人は、その人自身には価値がないことを物語っている

転職の際に、肩書のランクが落ちることを恐れて躊躇する人もいます。「私は前職で課長だったから、課長以上の待遇じゃないと嫌だ」などとこだわる。肩書がないと生きられない人は、その人自身には価値がないことを物語っています。私は転職した2回とも、肩書らしきものは用意されませんでした。しかし、肩書やお金は度外視して転職を決断した。未来への目標に対して、時間を集中的に使いたかったからです。その行動が「自分の価値」を高め、LINEの社長就任に導いてくれました。肩書にこだわりがないからこそ、LINEを去って起業できたのです。

森川亮 の経歴

森川亮、もりかわ・あきら。日本の経営者。「NHN Japan(のちのLINE)」社長。神奈川県出身。筑波大学(第3学群情報学類情報工学専攻)卒業後、日本テレビで幅広いメディア事業に約10年間従事。青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課程でMBAを取得。その後、ソニーを経て韓国系大手オンラインゲーム会社ハンゲームジャパン(のちのNHN Japan)に入社。ハンゲーム事業部長、取締役、経営企画部門統括、副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本人の良さは真摯に課題に取り組み改善し続けることです。我々はお客様にハード、サービス、ソリューションを提供していますが、新しい課題が出てくるたびに愚直に改善し、お客様にお届けする。その精神をコマツでは「コマツウェイ」と呼んでおり、これを全世界の社員に浸透させています。

我々は有力メーカーを相手にそれなりのシェアを持ってつき合いますが、基本的には特定の企業に依存しない、オープンな販売戦略を取っています。それでも顧客がくしゃみをすることはあります。その場合に備えて、日頃から固定費を下げて経営体力をつけておく努力が重要だと認識しています。

誰のための運動ですか? ボスのためですか? これをやり遂げなければ、人生まで諦めてしまいますよ。変わりたいという気持ちさえあれば、自分は変えられる。自分自身を諦めるな。君は心も意思も強い。最初の一歩を踏み出せば理想に近づけるんだ。苦しいときこそ頑張るんだ。カモーン、俺について来い!

「良い社員」とは、「短時間で優れた成果をあげられる社員」、要するに労働生産性が高い社員です。仕事ができたうえで人間関係もうまくできるに越したことはないのですが、ウエートで言えば、仕事の能力が9割で、人間関係は1割ぐらいだと思います。

日本のお金持ちの多くは実は地主や大家さん。安定したお金が自動的に入る。つまり家賃収入など、いわゆるインカムゲインを得ている人。

つき合う友人を選ぶということが大切です。非情なように聞こえるかもしれませんが、「敬して遠ざける」という言葉のように、つき合いたくない人とはそれとなく距離を置いた方がいい。一緒にいて文句ばかり言う人や、自分の元気がなくなる人とは、無理につき合わない方がいいでしょう。その代わり、パワーをもらえるような人とはしっかりと向き合うべきです。ほかの部署でも構わないので、尊敬できる上司や先輩を見つけて、その人のようになることを目指して頑張るというのも有効です。

お金が無ければいい暮らしができない、惨めだという何かぼやっとしたものがあって、そのぼんやりした欲望に支配されているから、みんな将来が不安なんだと思うんです。でも生活をきちんと見直してみたら、実はいらないものをたくさん抱えてるかもしれない。自分が生きていくために必要なものなんて、お金にしてもモノにしても大して多くないかもしれない。そこに気づくことができれば不安もなくなるんじゃないでしょうか。

「荒波が来ても、真正面にぶつかれば転覆しない」。これは嵐の中での操船の心得です。どんなに大きな船でも、波から逃げようと横向きや後ろ向きになったら転覆してしまう。逃げずに真正面から立ち向かう重要性を教えてもらった言葉です。

まずは会社に早く来てみてはいかがでしょうか。9時始業なら、7時に出社する。そして、誰にも邪魔されない環境で、大事な仕事を2時間集中してやるのです。9時に他の人が出社してからは、メール返信など集中しなくても出来る仕事をして「流す」。これをやっていると、だんだん仕事が効率化していき、5時に帰れるようになるでしょう。

悪口や批判などネガティブな発言は控えるべきです。話す言葉はその人自身の印象に直結します。ネガティブなことばかり言う人は、自分も相手にマイナスのイメージを与えてしまうことを覚えておきましょう。

ページの先頭へ