田中良和の名言|「ネットに馴染まない産業」にこそ、ビジネスチャンスが広がっている

「リアルな産業を変革していく」ことが、次の大きなトレンドだと考えています。これまでは「検索エンジン」など、いわゆる「ハイテクっぽいもの」がネット業界の象徴だった面がありますが、金融、ニュース、ゲーム分野なども、ここ10年でネット化が進みました。さらに今は、民宿やタクシーのようなリアルな産業にまで、ネット化が進んでいる。「ネット産業とはハイテクを扱うもの」と考えると、これからの戦略を大きく誤ると思います。「ネットに馴染まない産業」にこそ、ビジネスチャンスが広がっているのです。

田中良和(GREE) の経歴

田中良和、たなか・よしかず。日本の経営者。GREE創業者。東京出身。日本大学法学部政治学科卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネットエンタテインメント)に新卒第一期生として入社。経営戦略、サービス企画、海外事業支援や交渉などの実務を経験。その後楽天に移り、楽天オークション、ブログ、アフィリエイトプログラム、プロダクトレビューなどの企画・開発に貢献した。同社勤務中、趣味としてSNSのGREEを開設。GREE開設から約2年後楽天を退社し、同社の経営に集中した。同社はマザーズに上場したのち、東証一部上場を果たした。当時東証一部上場創業者の最年少記録を更新した。フォーブス日本版の日本の富豪の40人中24位にランクインを果たした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

そもそも世の中は理不尽なものです。まずはその現実を受け入れなくてはいけません。

佐々木常夫の名言|そもそも世の中は理不尽なもの


「普通」とは何なのかを知ることが、企画や提案をする時に役立つ。マクドナルドがテスト販売を静岡で行うのもその一例。都会と田舎の中間で所得も中位の静岡を「売れる」基準にしているのです。

草場滋の名言|「普通」とは何なのかを知る


人脈作りにお金を使うと言っても、接待のように短期的で打算的な人脈ではない。投資するのは、長期的に活きてくる人材。だから、私は「絶対この人が欲しい!」と思ったら、自分より給料を高く払ってでも会社に来てもらいますね。

宋文洲の名言|投資するのは、長期的に活きてくる人材


リーマンショック後、欧米の金融機関にパラダイムシフトが起きたことは間違い強いと思います。特に投資銀行はその典型例ですが、リーマンショック後の様々な規制強化などによって、彼らが商業銀行に回帰しているのが、現状ではないでしょうか。この商業銀行業務は我々がずっとやっていた業務であり、非常にアドバンテージがありますので、彼らとは経験の厚みが違うと思います。

國部毅の名言|長年やってきたことの優位性


妻のキムと私は、「つらい時期こそ学びのチャンス」だと知っていた。私たちは共に問題に取り組み、そこから学べるだけのことを学んだ。

ロバート・キヨサキの名言|つらい時期こそ学びのチャンス


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ