田中良和の名言|失敗したとしても、それは人生の中の「一時の波」でしかない

やりたいことをやっているんだから、失敗するか成功するかは重要ではない。失敗したとしても、それは人生の中の「一時の波」でしかない。

田中良和(GREE) の経歴

田中良和、たなか・よしかず。日本の経営者。GREE創業者。東京出身。日本大学法学部政治学科卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(のちのソネットエンタテインメント)に新卒第一期生として入社。経営戦略、サービス企画、海外事業支援や交渉などの実務を経験。その後楽天に移り、楽天オークション、ブログ、アフィリエイトプログラム、プロダクトレビューなどの企画・開発に貢献した。同社勤務中、趣味としてSNSのGREEを開設。GREE開設から約2年後楽天を退社し、同社の経営に集中した。同社はマザーズに上場したのち、東証一部上場を果たした。当時東証一部上場創業者の最年少記録を更新した。フォーブス日本版の日本の富豪の40人中24位にランクインを果たした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

2枚目の名刺とは、お金と関係なく自分が本当に好きなことを本業と並行してする活動のこと。名刺を作るほど本気で社会活動するところが趣味と違うんです。まずは本業をきちんと持ちながらやるので2枚目の名刺では思い切ったチャレンジでき、それが成功へとつながります。また本業以外が充実することで、本業にも良い影響を与えるのです。

石山恒貴の名言|本業以外が充実することで、本業にも良い影響を与える


怒りは、内心抱いている理想と現実とのズレによって起こります。たとえば「部下はこうあるべき」「上司はこうあるべき」といった思いを強く抱いている人は、それに相反する現実に怒りを覚えやすくなります。対して、「他者は自分とは違う」と思える人は怒りを増幅させずにすみます。期限を守れない部下にも、考えを頑固に曲げない上司にも、その人なりの価値観や基準があるのだと思えば、怒りよりも「理解しよう」という気持ちを持てるでしょう。逆に相手を自分の思うように変えることはとても難しく、そこにこだわるかぎりストレスはなくなりません。

裵英洙の名言|「他者は自分とは違う」と思える人は怒りを増幅させずにすむ


キャリア形成を会社任せにしても定年まで勤め上げられたのは、経済が右肩上がりだった過去の話です。今後、そうはいかないことは働く人なら誰しも気づいているでしょう。いま、時代は大きな変化の波にさらされています。アメリカ型の資本主義の行き詰まりと、日本の経済成長の鈍化により、雇用環境は今後大きな変化を余儀なくされるはずです。とにかく「変わる」ことだけは確かです。

大久保幸夫の名言|キャリアを会社任せにできる時代は終わった


私の投資哲学の基礎は、ベン(ベンジャミン・グレアム)が著した『賢明なる投資家』の第八章「投資家と株式市場の変動」と第20章「投資の中心概念」に、ほぼすべてが書いてあるといっても過言ではないでしょう。この本は、人生最高の一冊です。

ウォーレン・バフェットの名言|人生最高の一冊


1991年、折しもバブルの絶頂期。30歳で米ロサンゼルス営業所に赴任しました。米国からの宿泊客を増やすのが私のミッションだったのですが、「超円高」や「日本バッシング」などの逆風で、営業所の電話がほとんど鳴らない日もよくありました。鞄にパンフレットを詰め込んで、車で現地の旅行代理店をひたすら回りました。1日100km以上逆転することもざらです。遠くの町にも足を延ばし、家族経営の旅行代理店のファミリーと食卓を囲んで仲良くなり「日本のインペリアルホテル」を知ってもらう。そんなふうにがむしゃらに動き回るうちに、顔馴染みが増えていき、少しずつ宿泊の予約が増え始めました。4年間走り回った結果、逆風の中でも、米国からのお客様を2割増やすことができました。

定保英弥の名言|がむしゃらに動き回る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ